1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 欧米では珍しい? 三色の柄につつまれたミケ猫の魅力と言い伝え

猫と暮らす

UP DATE

欧米では珍しい? 三色の柄につつまれたミケ猫の魅力と言い伝え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しま模様になっていても、淡い三色模様になっていても、黒・オレンジ・白の三色が組み合わさっている猫はミケ猫と呼ばれています。

そんな多彩なミケ猫の特徴や、思わず「へー」と言いたくなるような言い伝えを徹底解説!ミケ猫の魅力に取りつかれないようご注意ください♪

ミケ猫の定義と毛柄のあらわれ方

眠るミケ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ミケ猫の毛柄の色は黒・オレンジ・白の三色で、専門的には黒とオレンジの二色模様「トーティ」にホワイトが混ざった「トーティ&ホワイト」、または「キャリコ」という呼び方をされています。

ハッキリと三色が分かれている猫も、しま柄になっている猫も、毛色を薄くする遺伝子が働いて淡い三色になっている猫も全てミケ猫に属します。日本では馴染みのある毛柄ですが、世界的には珍しく、欧米では「MIKE」と呼ばれ親しまれているのだとか。

背中側に黒・オレンジの色があらわれ、全身で一番薄い色が出やすいお腹側には白色があらわれます。しっぽは濃い色が出やすいため白色が出ることはほとんどなく、黒とオレンジの場合が多いです。

毛柄以外の体の特徴

MIXミケ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

①瞳の色

メラニン色素の量によりますが、瞳の色はイエロー系かグリーン系の猫が多いようです。顔に白い毛が多い場合は、ブルーの瞳になることもあります。

②鼻と肉球の色

基本的には、鼻と肉球はピンク色をしている猫が多いです。ただ黒い毛色が多いと、黒いぶちが出る猫や、黒一色になる猫もいます。

思わず「へー」と言ってしまう事実

オスのミケ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

遺伝子レベルの研究が進み、ミケ猫は大半がメスであることがわかりました。そのためミケ猫は、メスの特徴である気まぐれで怖がりな性格を持つ猫が多いようです。

オスのミケ猫が生まれる確率は極めて低く、数千匹~三万匹に一匹程度ともいわれています。このことからオスのミケ猫は幸運をもたらすといわれ、「災いから身を守る」という言い伝えもあるそうです。

毛柄は遺伝子情報をもとに作られるので、ミケ猫にはミケ猫固有の特徴があります。お腹の色は白いかしら?この子はしま柄のミケ猫だわ!なんて考えながら観察すると、ミケ猫のことがもっと好きになってしまいそう。偶然にもオスのミケ猫を見かけたら、良いことがあるかも知れませんよ。

参考/「ねこのきもち」2016年2月号『猫の毛柄、鑑定します 麗しのKEGARAファイル』(監修:猫写真家 1級愛玩動物飼養管理士 東京キャットクラブ(TCC)会員 石原さくらさん)
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る