1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 家の中でも"猫には危険な場所"4つとは

猫と暮らす

UP DATE

家の中でも"猫には危険な場所"4つとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家の中であれば、愛猫も安全で安心……と思っている飼い主さんがいたら、要注意! じつは、家の中でも猫にとっては危険な場所があるのです。

ねこのきもち獣医師相談室の先生によると、以下で紹介する4つの場所にはとくに注意が必要とのこと。

危険な理由と対策について解説します!

家の中でも危険な場所1:キッチン

見つめるスコティッシュフォールド・ロングヘア 2
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

キッチンのガスコンロの上に猫がのぼり、点火スイッチを押して火傷をしてしまう可能性があります。また、火事になる恐れも。

キッチンに出ているモノの誤飲・誤食の可能性も考えられるでしょう。

キッチンでの対策

  • ガスコンロカバーをかける
  • 点火スイッチにはロックをかける
  • 猫をキッチンに入れない
  • とくに留守中は、誤飲・誤食しそうなものは鍵付きの収納スペースに入れておく


家の中でも危険な場所2:お風呂場

眠るアメリカンショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

お風呂場に水が入っていて、猫が落ちて溺れてしまう恐れがあります。

お風呂場での対策

  • お風呂に水が入っているときは、猫をお風呂場に入れない
  • お風呂の水は使ったら抜く


家の中でも危険な場所3:洗濯機

ヘソ天するブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は狭くて暗いところが好きな習性があるため、洗濯機の中に入ってしまうことがあります。

猫は1日の大半を寝て過ごすことが多いため、狭くて暗い場所にいたほうが安心・安全で、邪魔をされずに眠れます。そのため、洗濯機などの狭くて暗い場所のほうが、ストレスなく快適に過ごせるのかも。

しかし、こっそりと洗濯機に入ってしまうことが多いので、飼い主さんが気づかないと大変危険です。

洗濯機の対策

  • チャイルドロックをかける
  • 洗濯機を使う前に、猫が入ってないかどうか必ずチェック(とくに子猫は、衣服の間に入ってわかりづらいので注意)
  • 洗剤や柔軟剤も口にすると有害な場合があるので、保管場所に注意


家の中でも危険な場所4:開いている窓

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

飼い猫であっても、家から脱走したがる猫は存在します。性衝動によるものや、もともと外で長く暮らしていた猫は、脱走をする可能性があります。

また、掃除機をかけているときに窓が開いていたなど、なんらかのアクシデントにより脱走してしまう猫も。

開いている窓から脱走し、ベランダから飛び降りて骨折したり、大けがをする可能性もあります。

窓の対策

  • 猫が脱走しそうな窓は開けない
  • 猫用脱走防止用の扉やパーテーションなどの利用
  • ストッパー(網戸ストッパーやドアストッパーなど)をつける


上記のように、物理的に脱走を防止してしまうのもよいでしょう。

また、性衝動による脱走を防止するには、雄であれば去勢手術、雌であれば不妊手術を考慮しましょう。

猫の室内での事故は、留守中に多いので注意!

くつろぐ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

室内飼いの猫で多い怪我は、飼い主さんが見ていないとき、すなわち留守中に起こることが多いです。

最も危ないのは、高層マンションなどに住んでいる猫。窓が少し開いていて、その隙間から飛び降りてうまく着地できずに落下し、気胸や出血、骨折などの重篤な状態になってしまうこともあります。

猫が立ち入ると危険な場所については対策をして、愛猫にもしものことが起こらないようにしましょう。


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/Honoka

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る