1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫も夏バテをする! 今すぐしたい暑さ対策

猫と暮らす

UP DATE

猫も夏バテをする! 今すぐしたい暑さ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は、サバンナ出身のため暑さに強いといわれていますが、猫種や個体によってさまざま。特に、四季のある日本で暮らす猫は、夏に特別強いとはいえません。時には暑さによって体調を崩し、夏バテの症状が見られたり熱中症になったりすることもあるため、暑さに対するケアが大切です。

夏バテしやすい猫は?

暑くて床にゴロン!スコティッシュフォールドのこはち
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

子猫や高齢の猫は、体温調節の機能が不安定です。そのため、夏バテしやすい傾向にあるといわれています。
また、ぽっちゃりさんも体温が上がりやすいので注意しましょう。

猫が夏を越すためにできるサポート

夏場のお決まりポーズをとるMIX茶トラのヴィヴィアン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

すだれをかける

網戸にした状態ですだれをかければ、直射日光が当たるのを防ぎつつ、風通しもよくすることができます。
部屋に熱がこもりにくくなるうえ、猫が窓の外を眺めることもできて一石二鳥です。

出かけるときはカーテンや雨戸を閉める

エアコンをかけていることが大前提です。窓からの熱をシャットアウトし、室温が上昇するのを防ぐだけでなく、冷房代の節約にもなります。窓に直接貼るタイプの遮熱シートもおすすめです。

リビング以外のドアも開放する

猫がひとつの部屋に閉じ込められていると、暑さからも寒さからも逃げられなくなります。留守番をさせる際は、ドアを開放しておきましょう。ドアストッパーなどで安全対策も忘れずに。

床や猫ベッドにもひと工夫

床にござマットを敷いたり、保冷剤をタオルでくるんで猫ベッドに敷いたりする方法も。
ただし、ひんやりグッズは猫の好みが分かれるようです。好みに合えば有効ですが、猫が冷えを感じる前に移動できるようにしておきましょう。

夏バテの症状とできる対策

夏バテ?ロシアンブルーのヨーダ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

症状1 飲み水の量が減る

<水をこまめに取り換える>
猫が何度も口をつけた水には、特に夏場は雑菌が繁殖します。こまめに水を取り換えてあげましょう。

<水飲み場を多くする>
体力の消耗を防ぐために、動くことをためらう場合があります。あちこちに水を置いて、水飲み場を増やすことも有効です。

<好みの容器を使う>
水の容器にも好みがあるので、いろいろと試してみて、一番水の量が減った容器を使いましょう。

症状2 食欲が減る

<開封したてを与えよう>
ウエットフードでもドライフードでも、猫は新鮮なものを好みます。小分けタイプのフードがおすすめです。

<ウエットフードを温めてみる>
猫は一般的に、体温と同じくらいの温度だと食べやすいようです。普段から猫の好みを気にして知っておくのも◎

<直接手から与えてみる>
夏バテ気味の猫でも、大好きな飼い主さんの手から直接与えられることで、食べてみようと思うことがあるようです。

症状3 排泄が乱れる

<トイレ環境を整える>
日頃から清潔にして、猫がストレスなく排泄できるようにしましょう。暑いからと急に置き場所を変えると、猫が嫌がる場合もあります。

<早めに動物病院へ>
飲水量が減り、体力が落ちやすくなるので便秘や下痢になる猫も。繰り返すようなら早めに動物病院を受診しましょう。

猫も近年の暑い夏には耐えがたいものがあるでしょう。少しでも夏を快適に過ごせるようにサポートしてあげることが大切です。
また、普段と違う様子が続くようであれば、早めの受診をおすすめします。

参考/「ねこのきもち」2015年7月号『バテたときの対策も 猫の、猫による、猫のための暑さ対策 夏になると猫は…こうなります。』(監修:桑原動物病院獣医師 桑原久美子先生)
文/gyo
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る