1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 怖い!イヤだ!の意思表示 猫が伝える「NOサイン」とは…

猫と暮らす

UP DATE

怖い!イヤだ!の意思表示 猫が伝える「NOサイン」とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「愛猫が視線をそらす」

……このしぐさ、愛猫からのNOサインだってみなさん知っていましたか?

「怖い!」「逃げたい!」「攻撃するぞ!」など、猫がネガティブな気持ちになったときの感情表現として、NOサインを出します。

それは、しぐさや鳴き声、顔のパーツの動きなど、さまざまなところに表れるのだそう! この記事で、くわしく解説していきます。

猫のNOには、大きく分けて2つのタイプが!

ハンモックでくつろぐ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫のNOには、大きく分けて次の2つのタイプがあります。

①猫のNOサイン:怖い!→防御モードに

まず1つめは、自分に危害を与えそうなものに怯えているときに見せる、「防御モードのNOサイン」です。体を縮こまらせ、引いた体勢で、相手に対して自分を小さく見せるしぐさをする傾向が。

②猫のNOサイン:イヤだ!→攻撃モードに

2つめは、イヤなものを拒否しようとするときに見せる「攻撃モードのNOサイン」です。体を大きく見せ、前のめりになり、大きな動きを見せて主張をアピールしようとする傾向が。

NOの気持ちのとき、猫はどんな顔?

猫からのNOサインとは

猫がネガティブな気持ちになったとき、顔のパーツには次のようなサインが見られるようになります↓↓

①耳

怖いときなど防御性が強まると、顔を小さく見せようと耳を伏せがちになります。一方、攻撃性が強まると、耳の裏が見えるように反らせる傾向があります。

②目

まぶたの筋肉が強張り、目が吊り上がって見えます。危険を察知して驚いたときに瞳孔が瞬時に開いたあと、対象に狙いを定めるために瞳孔が細くなることもあります。

③鼻

ピンク色の鼻の猫の場合、恐怖を感じると血の気が引いて、ピンク色が薄くなるコもいます。

④ヒゲ

ネガティブな感情で表情筋が強張ると、ヒゲの根元に強い力が加わり、後方へ反りがちになります。

⑤口元

緊張して口にグッと力を入れて閉じている場合や、威嚇のために牙(犬歯)をむきだしにすることもあります。

猫からのNOサイン〜怖い編〜

ここからは、猫からのNOサインについて具体的に見ていきます。まずは、怖い気持ちから出るNOサインから!

①視線をそらす→負けを認めて怯えている

猫からのNOサインとは

猫が視線をそらすのは、負けを認めたサインです。「攻撃をしないからもうやめて!」という気持ちです。

飼い主さんが叱ると、猫が視線をそらすことがあると思います。「気まずそうでかわいい」などと思いがちですが、怯えているのでやめてあげましょう。

②イヤなことがあったあとに、毛づくろいをする→気分を落ち着かせようとしている

猫からのNOサインとは

通常の毛づくろいはゆったりと行いますが、NOサインの毛づくろいは、小刻みに早い動きでするのが特徴です。

怖いものや苦手なものから逃げたあと、あらためて自分のニオイを自身の体に上塗り。これは、気持ちを落ち着かせるために行っているのです。

③低い姿勢で体を強張らせる→「逃げ」の姿勢で縮こまっている

猫からのNOサインとは

低い姿勢で体を強張らせているのは、とても怖くて、逃げたい気持ちでいっぱいのサイン! 

小さく見せるためにできるだけ姿勢を低くし、すぐにでも逃げ出せる体勢で、相手の様子をうかがっています。

【豆知識】病気のサインの可能性も……!?

怖いときのNOサインのように、縮こまってじっとするのは、病気のときに痛い部分を隠すために猫が見せるしぐさでもあります。

たとえば、とくに怖がることがないのに猫が部屋の隅で縮こまっていたり、ふだんは出てくる猫がハウスでじっと動かなかったりする場合は、病気を疑って!

④しっぽを体に沿わせる→体を小さく見せつつ、しっぽの位置を確認

猫からのNOサインとは

しっぽを体に沿わせるような体勢は、無防備なしっぽへの攻撃を防ごうとする、プチ警戒サイン。体を小さく見せるとともに、自身の体に沿わせることで、しっぽの位置を確認しているのです。

同時に、肛門まわりをしっぽで覆ってニオイを消し、敵から身を守る効果もあります。

⑤シャーと声を出す・うなる→防御の最終手段として、威嚇している

猫からのNOサインとは

シャーッと声を出したり、うなったりするのは、攻撃的な行動と思いがち。でもじつは、怯えた猫が防御の最終手段として「これ以上来ないで!」と威嚇しているのです。

それでも相手が追ってくる場合、隙をつくって逃げるために噛む・引っかくなどの攻撃に転じることもあります。

猫からのNOサイン〜イヤだ!編〜

続いて、「イヤだ!」という気持ちが表れるNOサインについて見ていきます。

しっぽを床に叩きつける→不満を感じてイライラ!

猫からのNOサインとは

しっぽを床に叩きつけるのは、不満に感じているときのNOサインです。苛立ちを解消するために繰り返し行ったり、相手に不満をアピールするために、気付かせようとしている説も。

苛立ちが募るほどしっぽを大きく上下に動かして、音を立てるほど勢いよく床に叩きつけます。

猫のNOサインへの応え方

リボンをつけるスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

上記で紹介したようなNOサインを猫が出しているとき、無理にかまおうとするのはNGです。基本的には猫から離れてそっとしておき、可能であれば原因となるものを取り除いてあげて。

必要なお手入れなど、猫が苦手でもやらざるを得ないことは、できるだけ短時間ですませる工夫をしましょう。

愛猫からのNOサインを見逃さず、愛猫が「怖い!」「イヤだ!」などと感じなくてすむように、飼い主さんは日々の生活の中で注意して見てあげましょうね!


参考/「ねこのきもち」2019年5月号『ポジティブ・ネガティブサインを読み取ろう 愛猫は今YES or NO?』
(監修:帝京科学大学助教、動物看護師 小野寺温先生)
※一部の写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/雨宮カイ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る