1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 風邪・感染症
  5. 実は怖い猫カゼ!気が付かず重症化すると命にかかわることも……

猫と暮らす

UP DATE

実は怖い猫カゼ!気が付かず重症化すると命にかかわることも……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の病気のひとつで、甘く見ていると怖い「猫カゼ」というものが存在します。軽い病気だと思い込み飼い主さんが放置してしまったり、いつもと違う症状に気が付かず見逃してしまったりすると命にかかわる危険性も……。

今回は猫カゼの症状・対策についてご紹介します。

猫カゼの症状とは

伏せている猫
getty

猫カゼでは、おもに以下のような症状が現れます。

・くしゃみ
・鼻水
・涙
・目ヤ二


このような症状が現れたら、猫カゼを疑い病院にかかることをおすすめします。病気が進行していくと目の充血や腫れ、ドロドロとした鼻水や鼻づまりといった症状も見られ、鼻づまりの影響でニオイを嗅げず、食欲が低下することもあります。

猫カゼに効く特効薬はない!?

猫カゼは基本的に、猫の免疫力によって自力で治癒していくもので、猫カゼのウイルスに効く特効薬はありません。しかしながら、猫カゼの症状が重症化すると免疫力の効果が発揮されず、二次感染を起こしてしまうことがあります。最悪の場合、命を失ってしまうケースも。そのため、病院では感染拡大や二次感染を防ぐ治療を行います。
なお、子猫の場合、体力や免疫力の低さから、二次感染を防げずに重症化する危険性が高いため、より注意が必要です。

油断は禁物!猫カゼは再発する……?

黒白の猫
getty

猫カゼのウイルスは、猫が普段通りの生活を送れるくらいの元気を取り戻したとしても、体外に排出されることはなく、体内に潜み続けています。そのため、猫の体力や免疫力が落ちるとウイルスが増殖し、再び猫カゼの症状に侵されてしまう可能性もあるのです。

再発させないための環境づくり

猫カゼの再発を防ぐには、飼い主さんのサポートが大切になります。
以下のような点を意識して対策しましょう。

・温度・湿度管理……エアコンをかける際は24~26℃くらいを目安に。ウイルスは乾燥を好むため、冬は加湿器を使って対策しましょう。また、猫が暖かく過ごせる場所を部屋の中に数カ所用意することも大切です。

・食事管理……バランスのよい総合栄養食を与え、新鮮な水を十分に摂取させましょう。とくに冬は水分不足になりやすいため、水を数カ所に配置することをおすすめします。

・ストレス回避……ストレスが原因で、猫の免疫力は下がってしまいます。そのため、同居猫がいて相性が悪い場合は、極力離れた空間で生活させるなどの配慮をしてあげましょう。

ワクチンで猫カゼを予防しよう!

見つめる猫
getty

猫カゼのウイルスは感染力が強く、唾液や鼻水に含まれるウイルスから、簡単に周囲の猫に感染します。このウイルスは人には感染しませんが、人や物に付着したウイルスが猫に感染する可能性はあります。そのため、完全室内飼いの場合でも、飼い主さんが外出した際にウイルスを運んできてしまう危険性があるのです。

しかしながら、ワクチンを定期的に接種することで、万が一猫カゼに感染したとしても、重症化せず1~2日程度で回復することが可能です。そもそも症状さえ出ないケースもあるので、愛猫を病から守るためにも、定期的なワクチン接種をおすすめします。

もしかして……?と思ったら病院へ!

グレーの猫
getty

猫カゼは甘く見ると怖い病気です。少しでも気になる症状が見られたら、愛猫が辛い思いをする前に、迷わず病院に連れていってあげてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2017年12月号『甘く見ないで!猫カゼは人のカゼとは違うんです』(監修:Pet Clinic アニホス院長 弓削田直子先生)
文/やぎこ
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る