1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫にも害の恐れがある「アニサキス」 与えていい魚、悪い魚は?

猫と暮らす

UP DATE

猫にも害の恐れがある「アニサキス」 与えていい魚、悪い魚は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
猫とアニサキスとは?

「猫は魚が好き」というイメージがあるかもしれませんが、魚であればなんでも与えていい、というわけれはありません。


この記事では、猫に与えていい魚と、悪い魚の代表的なものを取り上げて、解説します!
まずは、与えてもOKな魚を3つ見ていきましょう。

【1】鯛(たい)→傷みやすいので新鮮なものを与えて 小骨にも注意!

鯛(たい)などの白身魚は、脂肪分も少なくヘルシー。生で与えても大丈夫ですが、傷みやすいので新鮮なものを。消化器官に刺さり傷つけないよう、小骨は取り除きましょう。


ただし、塩焼きはNGです。どんな魚でも、塩がきいた焼き魚を与えると腎臓病の原因になることがあるので、注意してください。



<与えていい量>
刺身一切れの半分くらい。

【2】かんぱち→新鮮なものならば少量は与えてOK

かんぱちはたんぱく質が豊富なので、少量ならば生で与えてもOKです。ただ、食中毒を予防するためにも必ず新鮮なものを与えましょう。



<与えていい量>
刺身一切れの半分くらい。

【3】生サケ→良質なたんぱく質と脂肪が摂れる!

生サケは、猫の体にもいいたんぱく質と脂肪を含んでいます。塩を振ったものは塩分が強く腎臓に負担をかけるため、与えるなら刺身用のものを。



<与えていい量>
刺身一切れの半分くらい。

アジ、イワシ、サバ、サンマなど生の青魚はNG!→生で与えると寄生虫の感染、「黄色脂肪症」の恐れが

次に、与えてはいけない魚について見ていきましょう。アジ、イワシ、サバ、サンマなどの生の青魚は、猫には与えないでください。


青魚に寄生しやすい「アニサキス」の幼虫は、猫にも害がある恐れが。温める程度では死滅しないので、与えるのなら十分に加熱を!


また、青魚に多く含まれる「不飽和脂肪酸」を摂りすぎると、「黄色脂肪症」の原因になります。与える量・頻度は、できる限り控えめにしてください。



<加熱した青魚を与える際の注意点>
鮮度の落ちた青魚を与えると、アレルギー反応に似た症状が出ることがあります。与えるとき、鮮度に注意してください。



■黄色脂肪症とは
皮下脂肪や内臓脂肪に炎症が起き、発熱が表れる病気。

猫に魚は気をつけて

愛猫に魚を与えるときは、猫が食べても問題ない種類かどうか、十分に確認するようにしましょう!

 
また、食べても大丈夫な魚でも、新鮮なものを与えること、塩分のないものにすること、小骨に注意することなどを意識してくださいね。


出典/「ねこのきもち」2016年3月号『まんぞくさんも大満足♥ 猫に与えてOK? NG? 食べ物図鑑』
文/Honoka
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」投稿写真より

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る