1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 猫が頭を強打した! 「平気そうだから様子見」…が危険なワケ

猫と暮らす

UP DATE

猫が頭を強打した! 「平気そうだから様子見」…が危険なワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんらかの拍子で、猫が家具などに頭をぶつけてしまうことがあるかもしれません。人間もそうですが、頭のケガは脳にも影響があることもあり心配ですよね。

今回は、猫が頭をぶつけてしまったときに起こりうるケガや、よく見られる症状について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫が頭をぶつけたとき、起こりうるケガとは?

寝そべる猫
getty

ーー家の中で、猫が家具などに頭を強くぶつけてしまうようなケースがあるかもしれません。猫が頭をぶつけたときに、起こりうるケガ・症状について教えてください。

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「猫が頭をぶつける(頭部外傷)原因は交通事故が最も多いですが、ほかにも強打、落下、咬傷などによっても起こります。

猫が頭を強くぶつけると、頭の傷や頭蓋骨の骨折、脳の出血・浮腫や頭蓋内圧の亢進などが起こる可能性があります」

猫が頭をぶつけたときに見られる症状は?

眠る猫
getty

ーー頭をぶつけると、症状としてはどのようなものが見られますか?

獣医師:
「脳への損傷の程度によっては、行動の変化、沈鬱、けいれん、麻痺、昏睡状態、呼吸の異常などの症状が見られます」

ーーそうしたあらゆる症状は、たいていすぐに現れるものなのでしょうか?

獣医師:
「脳の症状は急速に現れることもあれば、受傷後時間がしばらく経過してから遅れて現れることもあります。そのため、頭を強くぶつけてしまった場合は、たとえ頭に傷が見られなかったとしても様子を見るのではなく、動物病院を受診することをお勧めします」

ーー今、症状が出ていないから大丈夫…とは必ずしも言えないわけですね。

見つめる猫
getty

一見問題がなさそうに見えても、猫が頭をぶつけたときは念の為、動物病院を受診したほうが安心だといえますね。ぜひ、覚えておいてください。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/nekomam

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る