1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 毛柄が似ている?「キジトラ猫」と「サバトラ猫」比べてみました

猫と暮らす

UP DATE

毛柄が似ている?「キジトラ猫」と「サバトラ猫」比べてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の猫にとくに多い「キジトラ」と、もともと日本に少ない「サバトラ」。どちらもしま模様が可愛い人気の毛柄ですよね。では、このキジトラ猫とサバトラ猫の毛柄や性格には、どのような特徴があるのでしょうか。さっそく解説していきます。

猫本来の毛柄に近い「キジトラ」

キジトラのちぃちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

キジトラは、全身が黒と茶色のしま模様の毛柄です。鳥のキジに色や柄が似ているため「キジトラ」と名付けられたのだそう。また、模様が魚のサバにも似ていることから、専門的には「マッカレルタビー」とも呼ばれています。

キジトラの毛柄の特徴は?

地色は茶色っぽく、背骨に沿って黒のしま模様が左右対称に入ります。とくにしっぽの先は黒く濃くなり、そこから根元にかけて徐々にしま模様が薄くなっていきます。
キジトラは、ほかのしま模様の毛柄と比べると、目元と口元の色が白っぽくなる傾向にあるようです。

洋猫の遺伝子を受け継ぐ「サバトラ」

サバトラのララちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

サバトラのしま模様も、魚のサバに似ているので「マッカレルタビー」と呼ばれています。また、毛の色をシルバーにする遺伝子が働いていることもあり、色もサバと似ています。このことから、日本では「サバトラ」と呼ばれるようになったそうです。
戦後に洋猫との交配で生まれたといわれ、日本では数が少なめです。

サバトラの毛柄の特徴は?

サバトラは、シルバーに黒のしま模様が入っているのが特徴です。模様の濃さには個体差があるため、全体的にグレーっぽかったり、しま模様が途中で途切れて斑点状になったりする猫もいます。
また、鼻の色は赤みを帯びた茶色に黒い縁取りが入ることが多いようです。顔に白い毛が入ると、ピンクやブチになることもあります。

キジトラとサバトラの違いは?

キジトラ猫とサバトラ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

キジトラもサバトラも、どちらもしま模様の部分は黒ですが、キジトラが全体的に茶色っぽい色をしているのに対し、サバトラの地色はシルバーです。このように、キジトラとサバトラの大きな違いは、ベースのカラーにあるのですね。
背中周りは色が濃くなるため、とくにその差が表れやすいようです。

性格の違いは?

キジトラは、もっとも野生の猫に近く、毛柄を作る遺伝子の構成もほぼ同じなので、慎重で警戒心が強い傾向にあるようです。しかし、飼い主さんには甘えん坊な一面も。
サバトラは、遺伝的に猫の祖先であるリビアヤマネコにも、人為的に誕生した洋猫にも似ているため、野性的で慎重な性格でありながら、活発な面をもつ猫が多いようです。

猫の毛色の違いには、遺伝子の働きも関係しているのですね。また、毛柄によって性格の傾向にも違いが出るようです。もし、お近くにキジトラ猫やサバトラ猫がいたら、ぜひ毛柄に注目してみてください。

参考/「ねこのきもち」セレクション『KEGARA図鑑』
文/ishikawa_A
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る