1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 居場所
  5. 猫ベッドがぽかぽかに♡ 冬に試したい「ちょい足しアイデア」4選

猫と暮らす

UP DATE

猫ベッドがぽかぽかに♡ 冬に試したい「ちょい足しアイデア」4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は寒いのが苦手な動物。猫が冬を快適に過ごすためには、飼い主さんによる環境づくりがとても大切だということ…知っていましたか?

冬は、猫自身が行う防寒対策だけでは不充分!

毛布の上でくつろぐマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は、体勢や毛量、居場所などを変えて冷えから身を守ろうとします。しかし、猫が自身で行う防寒対策だけでは不充分なのです! 猫が冬を快適に過ごすためには、「猫自身がする冬支度+飼い主さんによる環境づくり」が大切になってきます。

そこで今回は、ちょっとした工夫で猫ベッドがぽかぽかになる方法4つを紹介します。すぐに試せるアイデアばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ちょい足しアイデア1:猫ベッドの下にアルミシートを敷く

猫ベッドでくつろぐ茶トラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

アルミシートは保温性が高く、防災のアイテムとしても使われるほどです。猫ベッドの下に敷くだけで、猫が入ったときのベッドの底の暖かさを維持することができます。

ちょい足しアイデア2:猫ベッドにもこもこの布を敷く

布団でくつろぐキジトラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

いつも使っている猫ベッドの中に、もこもこの素材の布を敷きます。猫と繊維の間に暖かい空気の層ができ、冬は長くなりがちな睡眠中もずっと暖かく過ごすことができます。

敷くときのポイント

下に敷く布を二つ折りにしておくと、猫は寒さ具合に応じてそのまま上に座ることも、布の中にもぐることもできるのでおすすめ♪

ちょい足しアイデア3:猫用の湯たんぽを置く

熟睡するサバトラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

意外と冷えやすい足先を温めるのに効果的なのが、猫用の湯たんぽ。簡単にできるので、朝起きたときなどに猫ベッドに置くと猫は喜ぶかも! 時間が経ったらお湯を入れ替えてあげましょう。

簡単! 猫用湯たんぽの作り方

①お湯を入れてふたを閉めたペットボトルを靴下の中に入れる。

②①のペットボトルを入れた靴下のはき口をしっかり結ぶ。

③もう1枚猫が喜ぶもこもこした素材の靴下を追加すると◎

※お湯を入れる際は、やけどをしないように注意してください。猫ベッドに置く前にも、湯たんぽが熱すぎないか確認をしてください。

ちょい足しアイデア4:猫ベッドを複数箇所に置く

布団の上で眠るアメリカンショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

冬はとくに時間帯によって暖かくなる場所が変化します。日中は日の当たる窓際、夜は高さのある暖かい場所など、居場所を選べるように数箇所に猫ベッドを用意するのがいいでしょう。

猫ベッドをベストな場所に置くことで、さらに保温性を高めたり、居心地をよくしてあげることができます。冬でも快適な時間を過ごせるよう、飼い主さんはぜひ愛猫のために「ぽかぽかアイデア」を取り入れてみてくださいね♪

参考/「ねこのきもち」2016年12月号『猫を温めるぽかぽかハウスの作り方』
(監修:一級建築士、家庭動物住環境研究家 金巻とも子さん)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/雨宮カイ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る