1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 猫が「寒い」ときに見せるサイン5つ 快適に過ごせる室温とは…

猫と暮らす

UP DATE

猫が「寒い」ときに見せるサイン5つ 快適に過ごせる室温とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒さが本格的になってくるこの季節。愛猫が寒くないか、気を遣う飼い主さんが多いと思います。猫が見せる「寒いよ!」のサインを知っていると、飼い主さんも対策ができるはず。

今回は、猫が寒いと感じているときに見せる5つのサインについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説。さらに、猫が快適に思う「室温」についても紹介します!

猫が寒いと感じているときに見せるサイン5つ

くつろぐロシアンブルー
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は寒いときには、 下記のようなサインを見せることが多いでしょう。

  • 体を丸める
  • 毛布やフリースなどの上に乗る、もぐる
  • 暖かい場所に行きたがる
  • 飼い主さんの膝の上に乗りたがる、寄り添う
  • 水をあまり飲まない

寒いからといって部屋の暖めすぎは注意!

寄り添うアビシニアン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は寒さに弱い動物ですが、ある程度は猫自身で防寒することができるので、部屋の暖めすぎはストレスになることがあります。

冬に猫が快適と感じる暖房の設定温度は、23℃前後に設定するとよいでしょう。猫が快適と感じる温度の22~24℃くらいが目安です。

部屋ごとの室温を変えてみよう

また、暖房器具を使用する場合は、「暖房がきいている部屋」と「少しひんやりした部屋」を猫が行き来できるようにするとよいでしょう。部屋ごとに室温を変えることで、猫が快適な部屋を選択することができます。

けりぐるみで遊ぶサイベリアン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

寒い冬も愛猫が快適に過ごせるよう、猫が見せる「寒い」のサインを覚えておいてくださいね!

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る