1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 1日に14〜16時間は寝ている猫たち…それほど睡眠が必要なワケって?

猫と暮らす

UP DATE

1日に14〜16時間は寝ている猫たち…それほど睡眠が必要なワケって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の睡眠時間は、1日に14〜16時間だといわれています。これは1日の3分の2をも占めるので、とても長いといえますよね。

なぜ猫は、これほどの時間眠るのでしょうか? この記事では、猫に睡眠が必要な理由を紹介します!

猫に睡眠が必要なワケは?

眠る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は狩猟動物だから

猫はもともと狩猟動物だったため、狩りや縄張り争いなどに備えて、ふだんはエネルギーを蓄えようとします。そのため、1日の3分に2は寝て過ごすのだそう。

人と同様に、猫も深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)を繰り返しますが、猫の睡眠はほとんどが浅い眠りなのだとか。深い眠りは1回約7分、1日分でも60分程度だとされ、これは敵に襲われたときにすぐに気づくためだといわれています。

ただ、飼い猫は敵に襲われる心配がないため、野生の猫よりも深い眠りの時間が長いようです。

とくに子猫は育ちざかりだから

子猫の場合はもっと睡眠時間が長く、1日に20時間ほど眠るといわれています。子猫がよく眠る理由は、体と心の成長には睡眠が必要なため。

体の成長に欠かせない「成長ホルモン」は、眠っている間に分泌されます。また、眠っている間に脳内で情報を整理したり、新しい神経が作られたりと、とくに子猫にとって睡眠は大切なのです。

シニア猫は睡眠時間が増える傾向に

ちなみに、7才を過ぎたシニア猫も睡眠時間が長くなることがあります。その理由は、加齢によって筋力が落ち、活動量が低下することが原因に。ただ、睡眠時間が増えたからといって、熟睡できる時間が増えているわけではないそう。ウトウトしている状態や、浅い眠り(レム睡眠)の状態が長くなる傾向にあるようです。

猫の「睡眠の質」を高めるために配慮したいことは?

眠るスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

1日の大半を寝て過ごすものの、深い眠りは1日で60分程度と、浅い眠りがほとんどな猫たち。せめて熟睡できている間は、ゆっくり眠らせてあげたいですよね。

じつは、眠りの質を高めてあげることで、猫が長生きできる可能性が高くなるともいわれています。飼い主さんができることは、次のようなことです。

猫が快適に眠れる場所をつくってあげよう

猫は夜行性の動物なので、適度に薄暗く、閉鎖的な場所を好む傾向に。その一方で、適度に日差しのあたる場所や、暖かいところも好きなので、日向ぼっこができる場所もあるといいですね。

また、高い所も「敵に狙われにくい場所」として寝心地がいいのだそう。部屋にキャットタワーを置いてあげるのもいいかもしれません。

部屋の明るさに気をつけてあげよう

猫は明るさに敏感です。人工の光は猫には強すぎることもあり、前足で目をおおうようにして眠っていたら、「まぶしいな」と感じているのかもしれません。もし猫が光を気にしているようだったら、部屋の照明を消してあげたり、暗い場所をつくってあげるなど配慮をしてあげましょう。

室内の温度調節を気をつけよう

眠る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

室内の温度も気にかけてあげましょう。たとえば、猫が顔を体に埋めるほど丸まって眠っている場合は、「寒いな」と感じているかもしれません。一方で、お腹を見せた状態で足を伸ばしきって眠っている場合は、「暑いな」と感じている可能性があります。

個人(個体)差もありますが、室内で心地よく感じる温度は、猫も人間も同じくらいで22℃前後と言われています。室温が低すぎないか、暑すぎないか、飼い主さんは確認してみてくださいね。

静かに寝られるように配慮してあげよう

また、眠っているときに触られたり、大きな音が聞こえたりすると、猫にとってもストレスになってしまいます。グッスリ寝ているときは、静かに寝かせてあげようにしてくださいね!



(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る