1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. おしっこの病気
  5. 気をつけないと愛猫が尿結石に? 心がけたい「飲水量チェック」

猫と暮らす

UP DATE

気をつけないと愛猫が尿結石に? 心がけたい「飲水量チェック」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫の食事量はわかっていても、飲んだ水の量をきちんと把握できていない飼い主さんは、意外と多いのではないでしょうか。飲水量が不足すると排尿回数が少なくなり、尿結石になるリスクが高まるのだとか。そこで、日々心がけておきたい飲水量のチェックポイントをご紹介します。

猫に必要な1日の飲水量ってどのくらい?

ミヌエットのうにくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

かつて半砂漠地帯で生活していたという猫。もともと飲水量が少ない傾向にあり、濃い尿を少量排出することで、体の機能を正常に保とうとする性質をもっています。

しかし、飲水量が不足すると排尿回数が減り、腎臓に負担がかかったり、尿結石など泌尿器系の病気にかかったりするリスクが高くなるので、注意が必要でしょう。

なお、成猫が1日に必要とする水分の総摂取量(※)の目安は、3〜4kgくらいの猫の場合、150~200ml程度といわれています。使っている器の容量を確認しておき、おおよその飲水量を水の減り具合から把握できるようにしておくと、愛猫の日々の変化に気づきやすくなるでしょう。

※ウエットフードなどの食事から摂取できる水分も含んだ量

猫にもっと水を飲んでもらいときは?

スコティッシュフォールドの齋藤まりもちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は自分のお気に入りの場所でしか水を飲まないことが多く、その場所は時間帯や状況によって変わることもあるようです。そのため、猫が水を飲みたいと思ったときにいつでも飲めるよう、複数の水飲み場を用意しておくとよいでしょう。

また、猫は器にも好き嫌いがあるので、好みや気分にあわせて選べるよう、素材やタイプの異なる器を用意すると◎ ちなみに、器の素材には磁器製やプラスチック製、金属製など、さまざまな種類がありますよ。

そのほか、水を循環させてフィルターでろ過する機能などがついた、自動給水器を使ってみるのも手。流れる水に好奇心を刺激され、意欲的に飲んでくれるかもしれません。

猫の飲水量が足りないと感じたら?

キジトラのモカマタリNo.9ちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

愛猫の飲水量が不足していると感じたときは、まずは動物病院で診察を受け、脱水傾向にあるかどうか調べてもらいましょう。そこで飲水量が不足していると診断された場合は、何らかの対策が必要となります。

飲水量不足の解消には、ウエットフードを与えるほか、ドライフードをお湯でふやかして与える、スープタイプのフードや水分量の多いおやつを与えるなど、食事の際に水分を多くとらせるという方法などがあります。

獣医師とよく相談し、愛猫に合った解消法を実践するとよいでしょう。なお、自己判断でシリンジなどを使い、無理に水を飲ませるのはやめてください。

愛猫が好きなときに水を飲める環境を!

MIXキジトラののんくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

水のお世話では、「これが一番いい」などと飼い主さんの思い込みを押しつけず、猫になるべくたくさんの選択肢を与えてあげることが大切です。愛猫が好きなときに好きな方法で飲めるよう、まずは環境を整えてあげるといいですね♪

参考/「ねこのきもち」2019年7月号『与え方や飲み方から水の種類まで 猫の飲み水ウソ・ホント』(監修:獣医師 獣医行動診療科認定医 ペット行動カウンセラー 藤井仁美先生)
文/朱音
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る