1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. おしっこの病気
  5. そもそも猫は腎臓に負担がかかりやすいから 知っておきたい慢性腎臓病のこと

猫と暮らす

UP DATE

そもそも猫は腎臓に負担がかかりやすいから 知っておきたい慢性腎臓病のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「慢性腎臓病」は、猫がかかりやすい病気のひとつ。体内の老廃物を排出する機能が低下し、徐々に進行する病気です。しかし、愛猫の変化を見逃さず早めに対処すれば、発症後も長生きできるケースも。「慢性腎臓病」の兆候や治療法について知っておきましょう。

どんな猫がかかりやすいの?

壁際で寝そべる猫
getty

「慢性腎臓病」にかかりやすいのは、

・8才以上
・尿石症にかかったことがある(とくに尿管に結石ができた猫は要注意)
・急性腎不全にかかったことがある(若い猫でも)
・遺伝的に腎臓の発達が悪い
・血圧が高い
・ウイルス感染症にかかっている(猫白血病、トキソプラズマ症など)
・自己免疫疾患をもっている 


などの特徴をもつ猫です。
老猫の場合、個体差はありますが、症状がなくても腎臓の機能は衰えはじめる傾向にあります。

そもそも猫は腎臓に負担がかかりやすい

腎臓は「ネフロン」という組織の集合体。猫はこのネフロンの量が犬の約半分しかありません。さらに、飲水量が少なく尿が濃い、タンパク質を多く摂るため老廃物が出やすいなど、もともと腎臓にかける負担が大きいのです。

どんな症状が見られるの?

フード皿の前に座る猫
getty

腎臓に異常が起こると、猫は水をよく飲むようになります。そのため、急にふだんの1.5倍以上の水を飲むようになったら、慢性腎臓病などの病気を疑ってください。

また、おしっこの量や回数がふだんの2倍以上になったときも要注意。腎臓機能が低下すると、尿が凝縮できなくなり、水のように薄い色になります。

なお、こうした症状は、腎臓が66%以上機能しなくなってからあらわれます。脱水気味になるため、便秘や貧血になる、体内に老廃物がたまり食欲が落ちる、ときどき嘔吐するなどの症状が出ることも。

このような症状が出たら

おしっこが出なかったり、頻繁に嘔吐や下痢をくり返したりすようになったら、末期の「慢性腎臓病」にかかっているおそれが。その場合、腎臓はほぼ機能しておらず、尿毒症の症状が出て、猫はどんどん衰弱していくでしょう。

検査や治療方法は?

フードを食べる猫
getty

「慢性腎臓病」は、血液検査や尿検査で診断します。腎臓の大きさや形、結石の有無などを調べるために、X線検査やエコー検査が行われることも。

猫が「慢性腎臓病」と診断されたら、食事療法を取り入れて腎臓への負担を減らし、水分補給をして脱水を防ぐ治療をスタートするのが一般的です。
すでに脱水が見られる場合は、ペット用の補水液を与えたり、尿毒症を防ぐために皮下輸液(点滴)をしたりするケースも。これは、獣医師の指導のもと、自宅で飼い主さんが行う場合もあります。

定期的な検査や体調から病気の進行具合を判断し、それにあわせて治療法も変わっていくでしょう。

早めの対処で愛猫を守ろう

なでられる猫
getty

「慢性腎臓病」は、完治はしなくとも、適切な対処をすることで愛猫の寿命を延ばせる病気です。「ねこのきもち」編集部員の体験談には、12才で診断されてから19才まで元気で存命しているケースも。

また、「慢性腎臓病」にかかった猫の生存期間を延ばすのに、もっとも効果があるのは食事療法だというデータもあるため、病気が進行してもあきらめず、継続して治療を行うことが大切です。

日頃から愛猫の飲水量やおしっこの様子などを観察し、変化を見逃さないようにしましょうね。

参考/「ねこのきもち」2017年11月号『飼い主さんに「できること」が増えている!慢性腎臓病最前線』(監修:東京都北区王子ペットクリニック院長 重本仁先生)
文/momo
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る