1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 食事・水
  5. やってはいけない! 猫の食事や水に関する夏の暑さ対策

猫と暮らす

UP DATE

やってはいけない! 猫の食事や水に関する夏の暑さ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏バテしがちな猫のために、暑さ対策をしてあげたくなるこの季節。しかし、よかれと思ってやったことで、かえって愛猫が体調をくずしてしまうこともあります。今回は猫の食事や水に関する暑さ対策で、やってはいけないことをご紹介します。

食事量を増やす

蓮くん(マンチカン)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

夏場の猫は体力の消耗を最小限に抑えようとするため、いつもより活動量が低下します。そのため、「暑いからたくさん栄養をつけないと!」と、いつもより食事量を増すのはNGです。

夏場は食事量を増やすのではなく、ふだんの量をきちんと消化させることを意識しましょう。例えば、消化する際に猫の体に負担をかけないよう、一気食いをする猫には、ふだんの1日分のフード量を小分けにして与えるのがおすすめ。

また、ゆっくり食べさせることで消化がスムーズになるので、早食いを防止するフードボウルやおもちゃを使ってみるのもよいでしょう。

ウエットフードだけを与える

凛々蝶ちゃん(マンチカン)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

暑い夏には少しでも水分を多くとらせようと、すべての食事をウエットフードにする飼い主さんもいるかもしれませんが、実はそれもNGです。

たしかにウエットフードには食事から水分がとれるというメリットがありますが、ドライフードは製造過程で素材を細かくしている分、ウエットフードよりも消化性のよいものが多いというメリットがあります。

そのため、愛猫の体調の変化などに合わせて、フードの種類を使い分けるのが◎。それぞれのメリットを活かせば、愛猫の不調を整えるお助けアイテムになるはずですよ。

すべての水飲みボウルに氷を入れる

ヴィタリテちゃん(ブリティッシュショートヘア)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

暑さで水を飲むのも面倒になる猫を心配して、すべての飲み水に氷を入れて冷たくするのはNGです。

水の温度にこだわる猫は意外と多いため、飲水量をアップさせるためには、愛猫好みの温度の水を用意してあげるのがポイント。常温の水や氷を入れた水など、さまざまな温度の飲み水をいくつか用意して、愛猫好みの温度を探りましょう。

また、暑さで水を飲むのが億劫になっても、近くに水飲み場があれば足が向きやすくなります。猫のお気に入りの居場所の近くやよく通る場所など、複数個所に水飲み場をつくって、愛猫がいつでも水が飲める環境を整えてあげましょう。

なお、暑いこの時期は飲み水の雑菌が繁殖しやすくなりますので、こまめに水を取り替えることも忘れないようにしてください。

今年の夏を元気に過ごそう!

ペールくん(マンチカン)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

愛猫が夏バテしないよう、食事や飲み水のお世話を工夫し、この夏を元気に乗り越えましょう!

参考/「ねこのきもち」2017年7月号『今からでも間に合う夏バテ対策 暑さに強いカラダ作り』(監修:マスナガ動物病院院長 増永朗先生)
文/朱音
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る