1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 猫が食べると危険な食べ物
  5. クリスマス、お正月、12月1月に気を付けたい・猫が食べると危険な食べ物

猫と暮らす

UP DATE

クリスマス、お正月、12月1月に気を付けたい・猫が食べると危険な食べ物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始にはイベントが目白押し。イベントごとに美味しい食べ物もたくさんありますよね!しかし猫にとっては危険な食材が並ぶシーズンでもあります。イベント別に、猫にとって注意が必要な食べ物をご紹介しますので、猫と暮らすみなさんは要チェックです。

クリスマス・年越しなど年末に気をつけたい食べ物

クリスマスツリーと一緒にミケのみぃちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

年末前のビッグイベントであるクリスマス。そして一年の締めくくりには、年越しがありますね。そのどちらも、猫にとっては気をつけなければならない食べ物が含まれているので要注意です!

ケーキやチキン

家族や友人とのクリスマスパーティーの代表格、クリスマスケーキにチキン。実はどちらも注意が必要です。
ケーキは、生クリームやバターなどの脂肪分に加え、糖分も高く、猫が多量に食べるとカロリー過剰で肥満の原因になることが。もし与える場合でも、ひとなめ程度にとどめてください。

また、フライドチキンやクリスマスチキンは高カロリーなうえ、オニオンパウダーなど猫に危険な調味料も入っているため要注意です。また、骨がのどや消化器官に刺さるおそれもありますので、与えないでください。

年越し蕎麦

年越しのイベントを代表する年越し蕎麦。そば粉の種類や含有量にもよるようですが、重篤なアレルギー症状を起こすおそれがあるので、与えないでください。

年始のイベントで気をつけたい食べ物

鏡餅の前でアメリカンショートヘアの理央ちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

おせち料理・お雑煮

お正月の食べ物といえば、おせち料理にお雑煮。どちらも猫に与えてはいけない食べ物です。

おせち料理は、保存がきくよう味付けが濃くなっています。そのため、猫に与えると腎臓病や糖尿病などの病気の原因になるおそれが。
お雑煮は、柔らかくなったお餅が窒息の原因になることがあります。お餅が、だし汁にひたって溶けかかった状態になっているので、たとえ小さく切って与えたとしても、のどに張り付いてしまうことがあります。
また、ほかの具材であっても、味がついているので、与えると塩分過剰になってしまいます。

忘年会・新年会などのハウスパーティーで気をつけたい食べ物

猫鍋の中に入るキジトラのこたろうちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

鍋料理

寒い季節、みんなでワイワイ集まったときに特に多いのが鍋料理。鍋の具材の中でも、白菜やにんじんは与え方によっては大丈夫。
ただし、ねぎ類や春菊などはNGですので、猫が口にしないよう注意してください。

アルコール類

またビールなどのアルコール類は、急性アルコール中毒を起こす危険性があるので、こちらもNG。ビール独特の匂いに興味を示す猫もいるため、こぼした際にはすぐに拭き取るようにしましょう。

今年は特に、お家の中で過ごす時間が多い分、食べ物には注意が必要です。猫にとって危険な食べ物は、猫の目に入らないように工夫するなど万全の備えをして、猫にとっても人にとっても楽しい年末年始をお過ごしください!

参考/「ねこのきもち」『まんぞくさんも大満足♡猫に与えてOK?NG?食べ物図鑑』(監修:高円寺アニマルクリニック院長 高崎一哉先生)
文/みづかめ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る