1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. しっぽ
  5. 猫のしっぽが「いつもより固い」のは病気? 考えられる要因2つ

猫と暮らす

UP DATE

猫のしっぽが「いつもより固い」のは病気? 考えられる要因2つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふだんから愛猫の体を触って健康チェックをしている飼い主さんもいますよね。そのとき、「いつもよりしっぽが固いかも」と感じたことがありませんか? 

猫のしっぽが固いときに、どんなことが考えられるのか…この記事では、ねこのきもち獣医師相談室の先生が実際に診た事例について紹介します。

猫のしっぽが固くなっているときに考えられること

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー猫のしっぽが通常時よりも固くなっているかも…と感じるとき、どのようなことが考えられますか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「もしかしたら、なにか異常がある可能性もあるでしょう。実際に、飼い主さんからも相談を受けたことがあります。ここでは2つの事例を紹介しますね」

①いつもよりもしっぽが固いのか、動きが悪いように感じる

しっぽで遊ぶ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師:
「ある飼い主さんが、『いつもよりも愛猫のしっぽが固いのか動きが悪い』といったような相談をしてきたことがあります。

しっぽの動きが悪かったり、いつもより上がっていないかもしれないというときは、神経的な異常が考えられます。この場合は、『しっぽ全体が変に感じる、なめらかに動かなくて固い』と感じられると思います」

ーー具体的にはどういった病気なのでしょうか?

獣医師:
「猫はなんらかの原因によって『馬尾症候群』という様々な神経症状を伴う疾患になりやすく、しっぽを上げるときに痛くなることがあります。骨の形が変わってしまうこともあります。

他には、交通事故などでしっぽの付け根の神経がまったくダメになってしまうと、しっぽが付け根からダランと下がり、触ってもまったく気にしなかったり、動かないという状況もあります」

②まっすぐだったしっぽが、いつからか曲がってしまっている

しっぽを見せる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師:
『もともと愛猫のしっぽはまっすぐだったけど、いつからか固く曲がっているようになった』と受診された飼い主さんもいました。これは、骨折が関係しています。

しっぽが長いと、扉に先だけ挟まって骨折するようなことがあります。治療をしなかった場合、自然と骨折部位は治り、少々曲がった状態になることが多いです。そのときは、曲がったところは動かないので固いと感じると思います」

ーー骨折を治療しなくても、しっぽに問題はないのでしょうか?

獣医師:
「しっぽ自体は動きますが、曲がった先は動かないですね」

ーー骨折した可能性があるようであれば、早めに動物病院につれて行ってあげたほうがよさそうですね。

くつろぐ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ふだんから愛猫を見ている飼い主さんの「いつもと違うかも」の感覚は、とても大切です。もし愛猫にいつもは見られない異変を感じたら、念の為に動物病院を受診するようにしましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る