1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 生態・行動
  5. 猫がフードをこぼしながら食べる…考えられる4つのことを獣医師が解説

猫と暮らす

UP DATE

猫がフードをこぼしながら食べる…考えられる4つのことを獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫がフードを撒き散らすようにして食べることがあるようです。問題がない場合もあれば、じつは病気が原因になっていることもあるのだとか。

猫がフードをこぼしながら食べるときに考えられることについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫がフードをこぼしながら食べるときに考えられる4つのこと

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫がフードをこぼしながら食べるのには、下記のような理由が考えられます。

①肉食である猫は歯の形が尖っているから

もともとの猫の歯の形が肉食用の尖っているものであるために、フードを食べるのがあまり上手でありません。そのため、食べる際にフードが器から出てしまうことがあります。

②子猫や高齢の猫では上手に食べられないこともあるから

子猫はまだ食べるのが上手ではないため、フードをこぼしてしまうことが多いです。また、人間の場合もそうですが、猫も高齢になると食べるときにこぼしやすくなるでしょう。

③フードを入れる器が合っていないから

フードを入れる器がそのコに合っていなくて、こぼしている可能性があります。その場合は、フードの器を変えてみましょう。

たとえば、ヒゲが器に当たることを嫌がる猫はとても多いので、お皿のような広めの器にしてみるのは一つの手です。ただし、猫によって器の好みは違うので、いろいろ試してみましょう。


④口腔内に病気があるため

口腔内に歯周病、歯肉炎、口内炎などの病気があると、食べているときに痛みを感じ、こぼしてしまうことがあります。

口腔内の病気があるようならば、動物病院で獣医師に口腔内をチェックしてもらい、異常があれば治療してもらいましょう。

ごはんを食べる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

もし愛猫がフードをこぼしながら食べていたら、上記のような可能性があるかもしれません。とくに口腔内に異常が見られるようであれば、早めに治療をしてあげましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る