1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 飼い主が「猫のことで勘違いしていること」は? あるあるな事例を獣医師が解説

猫と暮らす

UP DATE

飼い主が「猫のことで勘違いしていること」は? あるあるな事例を獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫と暮らしている飼い主さんでも、じつは猫のことでわかっていないことがあるかも…? 今回は、猫の飼い主さんが勘違いしがちな「あるある」な事例について、ねこのきもち獣医師相談室が解説します。

飼い主さんは「猫のウンチ」のことで勘違いしがち!?

トイレに入るブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫の飼い主さんと接していて、「猫のことを勘違いしているな」と思う飼い主さんの事例について教えてください。

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「猫のウンチについて、勘違いしている飼い主さんが多いなと感じます。猫はもともと砂漠で生きていたので、水分摂取量が少ない動物です。そのため、ウンチがとても硬かったり、コロコロウンチであることが少なくないのですが、小さいころからコロコロで硬いウンチだと、それが異常だと気づかない飼い主さんもいるようです。

コロコロと硬いウンチは便秘の可能性があるので、注意が必要です」

——便秘だと猫もつらそうですね。

獣医師:
「そうですね。健康診断のレントゲン写真で腸管に詰まったたくさんのウンチを見て、初めて便秘気味だとわかることもあります」

——コロコロしているウンチをしていたら、便秘だと考えていいのでしょうか?

獣医師:
「普段からコロコロしたウンチだからといって、便秘とは限りません。ただし、便秘だと水分がなくなってくるので、コロコロしています。コロコロウンチと便秘はイコールではないですが、水分が足りていないサインだと考えてください。

ウンチが何日も出ない、トイレで頑張っているのに出ないなど、ほかの様子も見て便秘と判断します」

猫の1日のウンチの回数について

トイレをする猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——ちなみに、猫は通常1日に何回くらいウンチをするものなのでしょうか?

獣医師::
「ウンチの回数は、毎日1~2回が多いと思います。ただし、量や回数は体質やフードによる差が大きいので、いつものペースで出ているかが大事です。そういう意味では2日に1回の猫もいますし、繊維質の豊富なフードを食べている猫はウンチの量が多くなる傾向があるようです」

——ウンチの量や回数は個体差があると覚えておきたいですね。

獣医師:
「そうですね。いつもと比べて極端にウンチの回数が多かったり少なかったりした場合には、異常があると考えましょう。飼い主さんは、いつもの愛猫の1日のウンチの回数を把握するようにしてください」

猫がコロコロと硬いウンチをしたときの対処法

トイレに入る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——愛猫がコロコロと硬いウンチをしているとき、飼い主さんができる対処はなんでしょうか?

獣医師:
「まず大切なことは、水分摂取です。水分の多いごはんに変更するなど水分摂取を心がけることで、少しずつウンチが柔らかくなります。正常のウンチの硬さは、形はきれいで、持ったときにウニッとつぶれるぐらいがいいです」

——飲水量を増やす対策は、ほかにもありますか?

獣医師:
「猫の通り道に水飲み場を増やすことも有効です。猫が飲みたいと思ったときに、すぐに飲める環境を整えてあげてください。

また、フードとして水分を多く取る方法として、ウェットフードを利用してみてもいいでしょう。缶詰などで『総合栄養食』と書いてあるものは、それのみで食事として完全なので安心して与えられます」

愛猫が1日に飲んでいる水の量をはかってみよう

水を飲む猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——「うちのコは水を飲んでいてもウンチがコロコロしている」といった飼い主さんの声も聞かれますが、どのような原因が考えられますか?

獣医師:
「たとえば、『水を何カ所か置いている』といっても本当に飲んでいるのかどうか、『水を飲んでいる』といっても量は体に足りているのかどうか、はかってみなければわかりません。愛猫が1日にどのくらい水を飲んでいるのか、はかってみることをおすすめします」

——猫は1日にどれくらいの水を飲むのが好ましいのでしょうか?

獣医師:
「一般的には、体重1kg当たり50mlといわれています。水分が足りていないなら、十分に取らせてあげるだけで変わってきます」

水を飲む猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

愛猫のウンチがコロコロと硬いときには、水を飲む量が足りていない可能性があるようです。飼い主さんは、ぜひ対策をしてあげてくださいね!

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る