1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. お手入れ
  4. ブラッシング
  5. Before→Afterで検証!抜け毛がスゴイ猫の「スッキリ&つやつや」が叶うブラッシング

猫と暮らす

UP DATE

Before→Afterで検証!抜け毛がスゴイ猫の「スッキリ&つやつや」が叶うブラッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長毛猫や毛量が多い猫は、換毛期はもちろん一年中抜け毛がスゴイですよね。放っておくと毛玉ができたりして皮膚を傷めてしまうので、ブラッシングは欠かせません。そこで、スリッカーブラシを使って効率的にお手入れする方法をご紹介。ごっそり毛が取れるだけでなく、毛並みがつやつやになりますよー。

BEFORE

撮影/中川文作
毛がボサボサで心なしか表情もどんより⁉のペルシャの寅吉くん

1毛をかき分けながら全身にスプレーをかける

静電気が起きると、毛が絡まる原因にも。スプレーを全身に吹きかけて軽く湿らせ、静電気を予防します。ブラッシング中も、こまめにスプレーをしましょう。

撮影/中川文作
スプレーは市販のブラッシングスプレーが〇

2背中~お尻の毛をスリッカーでとかす

猫が警戒しにくい背中から始めて。毛をかき分けながら、スリッカーでとかします。外側
に向かってとかす際は、指の背で柄の付け根を支えるようにすると行いやすいです。

撮影/中川文作
背中からスタート
撮影/中川文作
外側に向かってとかす際は指の背で柄の付け根を支えるようにすると行いやすいです

3お腹~脇下をスリッカーでやさしくとかす

猫の様子を見ながら、腹部を上に向けて、スプレーをかけます。腹部は毛も皮膚も柔らかいので、とくにやさしくスリッカーを当てましょう。猫が嫌がったら、一時休止して。

撮影/中川文作
猫の様子を見ながらスプレーを
撮影/中川文作
お腹はやさーしく
撮影/中川文作
無理せず嫌がったら一時休止を

4仕上げにコームで全身をとかす

大抵の抜け毛はスリッカーで取れますが、それでもまだ体に付いている抜け毛も、毛玉の原因に。コームでざっくり全身をとかしてあげましょう。刃先で皮膚が刺激されて、血行促進にもつながります。

撮影/中川文作
つやつや仕上げの秘密はこのコームブラシ

AFTER

撮影/中川文作
こんなにもっさり取れました! つやつや~

短毛猫は…ラバーブラシ1つでもOKです

短毛猫は毛が絡まる心配が少ないでしょう。ですからブラッシングは、マッサージ効果が高いラバーブラシで充分です。ただし換毛期は、ブラッシングをする回数を増やして。

撮影/中川文作
マッサージ効果もプラスされてつやつやに~

ちなみに、毛づくろいが減るシニア猫にはブラッシングやムースシャンプーのお手入れがおすすめだそう。ムースがなじむようにコームでとかすことでツボが刺激されてマッサージも兼ねられます。
ブラッシングは「お手入れ」だと思うと「やらなきゃ」と義務感が増すかもしれませんが、ちょっと刺激をプラスすれば血行を促して愛猫の「美と健康」を叶えられます。積極的に行って、つやつやを目指しましょう~!

参考/「ねこのきもち」2016年5月号『おうち猫エステしてみませんか?』(監修:ちば愛犬動物学園講師 花島秀俊先生)
撮影/中川文作
文/ハナマサ
※この記事で使用している画像は2016年5月号『おうち猫エステしてみませんか?』に掲載しているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る