1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 生態
  4. しっぽ
  5. 長さは個性!「しっぽ」の長いor短い猫たちのしっぽからわかる気持ち

猫が好き

UP DATE

長さは個性!「しっぽ」の長いor短い猫たちのしっぽからわかる気持ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まっすぐなものからねじれているものまで、猫によって形が異なるしっぽ。しっぽの個性を探るべく、今回は長さを特徴としたしっぽの種類や、しっぽが長い・短い猫種、しっぽの動き方からわかる猫の気持ちを紹介します。しっぽの個性を知ることで、猫への理解を深めましょう。

長い・短い!しっぽの特徴

くっつくしっぽ(MIX)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫のしっぽはまっすぐに伸びているものから、くるんとカールしているもの、先がねじれているものなど、主に8種類の形が存在するといわれています。その中で長さを特徴とするものは、フルテイル(長尾)とボブテイル(短尾)の2種類です。

フルテイルとは?

長さがおおよそ25~30cmほどあるしっぽのことで、まっすぐに伸びた形状をしています。日本では長尾と呼ばれ、猫にとっては最も一般的なしっぽでしょう。

ボブテイルとは?

フルテイルと対照的に、長さが6~7cmほどしかない短いしっぽのことをボブテイルと呼びます。日本では短尾と呼ばれ、長尾と同様に多くの人から親しまれています。

長いしっぽをもつ猫種

カメラを見る猫(シャム、メス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

しっぽの長い猫には気品漂う魅力的な猫が多く、シャムやスコティッシュ・フォールドなどがしっぽの長い猫種といわれています。
シャムは、ポイントカラーと濃いブルーの瞳が美しい猫種。また、スコティッシュ・フォールドはまん丸い顔と折れた耳が愛らしく、どちらの猫種も猫好きに愛されています。

短いしっぽをもつ猫種

見つめる猫(ジャパニーズ・ボブテイル、メス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

しっぽの短い猫も愛らしくて人気があるとされ、猫種としてはジャパニーズ・ボブテイルやマンクスなどがあげられます。
ジャパニーズ・ボブテイルは短くてボンボン状になったしっぽが特徴的で、招き猫のモデルになったともいわれる、日本猫がルーツの猫種です。マンクスはしっぽがない猫として知られていますが、短いしっぽをもつ種類も存在しています。

しっぽに表れる猫の気持ち

振り返る猫(MIX、メス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の気持ちが、しっぽに表れることを知っていますか。よく見かける次の3つの動きにも、猫がそのとき感じている気持ちが込められているのです。

しっぽをピンと立てる

しっぽをまっすぐ立てるしぐさは、子猫が母猫に近付くときのしぐさ。その名残りでかまってほしいときや、ご機嫌なときにしっぽを立てて、「ここにいるよ!」とアピールするのです。

しっぽを揺らす

ゆっくりとしっぽを揺らすのは、リラックスしている気持ちの表れ。「気持ちいいよ」のサインを送っているのでしょう。
それに対してブンブンと大きく振っている場合は、緊張や興奮を感じています。獲物を狙っているときや、不快感があってイライラしているときに見られます。

しっぽをお腹の下に入れる

しっぽを後ろ足の間からお腹の下に入れるのは、怖いという気持ちの表れ。「逃げたい」「自分の気配を消したい」と感じているのでしょう。多くの場合は、後ろ足を曲げて体を低くしています。

猫によってしっぽの形が違いますが、しっぽに表れる気持ちは同じです。その猫の個性を知り、気持ちを知る意味でも、猫のしっぽから目が離せません。

参考/ねこのきもちWEB MAGAZINE『獣医師監修|猫のしっぽにはこんなに種類が! 動きでわかる猫の感情も解説』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る