1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護猫
  5. 獣医師の「救ったね」という言葉に励まされて献身的に看病。「覚悟が必要」だった病気の子猫が今やイケメン猫に

猫が好き

UP DATE

獣医師の「救ったね」という言葉に励まされて献身的に看病。「覚悟が必要」だった病気の子猫が今やイケメン猫に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ぼく、お母さんに助けてもらって大きくなれました」

1匹目の猫ゆづちゃん(♂)を飼い始めて、いずれ2匹目も迎えようとご主人と話していたともこさん。そのタイミングは思ったよりも早くやってきて、カシオちゃん(♂)を迎えることになりました。しかしカシオちゃんは、,獣医師に「もしかしたら大きくなれないかもしれない」と言われるほど、当時の健康状態はひどいものでした。

大人になれるかわからない…でも「このコを幸せにしたい!」必死の看病がスタート

先住猫のゆづちゃんと

まだ子猫だったゆづちゃんを、予防接種のためにかかりつけの動物病院に連れて行った際に、「甘噛みがひどいんです」と相談したともこさん。「猫はね、猫に教えてもらった方がいいよ。2匹目の予定があるなら、このタイミングで迎えるといい」というアドバイスを受け、翌日に前から気になっていた猫に会いに行きました。それがカシオちゃんです。

ブリーダーの家で会ったカシオちゃんは、目やにがひどく、鼻水も出ていて、抱っこさせてもらうと至る所にかさぶたがある状態。ブリーダーには「大丈夫」と言われるも、明らかに大丈夫ではなく、その場でカシオちゃんを家族に迎えることを決意しました。ご主人と話し合い、「我が家ならこのコを幸せにできる!」という意思確認が一致したからです。

ブリーダーから渡された薬は受け取らず、カシオちゃんを引き取ったその足で動物病院へ。例の獣医師に詳しく診てもらうと、カシオちゃんは生後3か月で体重は700グラム(適性体重は1キロ~1.5キロ)と小さく、風邪を引き真菌症にかかってかなり体調が悪かったため、「もしかしたら大きくなれないかも」「覚悟は必要だね」と厳しい言葉をかけられたのでした。

その一方で、カシオちゃんが今までいた環境や事情について話すと「救ったねぇ」「置いて帰れないよね」「本当によかった」とともこさんに共感を示し、ともこさんを奮い立たせる言葉もくれました。また、「何かあったらすぐに連絡して」「万が一のために夜間病院の情報を渡しておくね」と、いつでもともこさんが誰かに頼れる環境を用意してくれました。

それからともこさんご夫婦&カシオちゃんの闘病生活がスタート。初めはくしゃみと青っぱながひどかったカシオちゃんは、2、3日に1回注射を打ってもらいに通院しました。同時に、体重が増えているかもチェック。通院ペースは徐々に1週間に1回、2週間に1回と減らしていくことができました。

「先住猫に病気がうつったらどうしよう…」悩んだ時も獣医師に救われた!

左からカシオちゃん、nicaちゃん、ゆづちゃん

実はカシオちゃんを迎えた日、カシオちゃんを迎えるという決断は「ゆづにとって本当に正解だったのだろうか」と、ともこさんは動物病院に向かう車の中で考えていました。「もしゆづに病気がうつってしまったら…」と悩んでしまったのです。でも、獣医師の「救ったねぇ」という言葉に「不安が吹っ飛びました」といいます。病院に行くたびに「かわいいね」「大きくなったね」と声をかけてくれた獣医師に「救われたと本当に思います」としみじみ。

風邪と真菌症にかかっているカシオちゃんと、健康なゆづちゃん。もちろん別々の部屋にできればいいのですが、なかなか完全に隔離するのは難しい状況。そこで獣医師から消毒の徹底と、栄養価の高いご飯をあげて2匹の免疫力を高めることをアドバイスされ、ともこさんは1日に2回、家じゅうを雑巾がけして除菌に努めました。

「人間は、猫のストレスを100パーセント理解してあげることはできないと思っています。だから、家の中ではゆづとカシオのしたいように行動させ、室内を暖かくして湿度を保ち、菌を繁殖させない。栄養価の高いご飯をあげるということを本当に意識しました」とともこさん。その努力が実り、ゆづちゃんは風邪にも真菌症にかかることもないまま、カシオちゃんは完治! 4年経った今はすっかり「イケメン猫」です。「ゆづの手前、大きな声では言えませんが、主人も『カシオって本当にイケメンだよなぁ。かわいすぎるよな』と言っています」。

当時について、「獣医さんがこちらの気持ちを理解してくださったことは、本当に心の支えになりました」と振り返るともこさん。「『2匹を絶対一緒にしちゃダメ! 別々に!』と言われていたら、頑張れなかったかもしれません」。確かに、できないことを押し通されるよりも、「それならこうしてみよう」と代替案を考えてもらえる方が飼い主さんの負担はグッと減りますよね。カシオちゃんの闘病中、ご主人も非常に協力的でした。ゆづちゃんとカシオちゃん中心の生活を送り、ともこさんを支えました。現在ではもう1匹の猫nicaちゃん(♀)が加わり、よりにぎやかになったともこさん一家です。

回復したカシオちゃんは一家で一番賢くイケメンな猫へと成長

3匹で仲良く日向ぼっこ♪

ゆづちゃんの弟であり、nicaちゃんのお兄ちゃんで、真ん中のカシオちゃん。ともこさんは「気を遣わせているかな?」とたまに思うそうですが、「こっそり甘えに来るところは頭がいいなぁ」と感心しているのだとか。毎日給餌期の前でご飯を待ち、排泄をすれば「トイレのチェックをお願いします」とともこさんを呼びに来る、とても賢いカシオちゃん。「人間の男性だったら、絶対カシオと結婚したいくらいイケメン度も、やさしさも、パーフェクトです(笑)」とともこさんを骨抜きに。

ともこさんの必死の看病のおかげで、カシオちゃんはとても元気になりました。それでもともこさんは「このコが赤ちゃんの時、どんな苦労があったのかをわかってあげられないのがとてもつらいです」と幼い頃のカシオちゃんを思い出し、しんみりしてしまうことがあるそうです。

生きるか死ぬか…そんな極限の状況を一緒に乗り越えたからこそ、「大きくなってくれてありがとう。生きてくれてありがとうと心から思います。そして我が家の一員になってくれて本当にありがとう」というともこさんからカシオちゃんへのメッセージが、心にしみます。

取材協力・写真提供/ともこさん
Instagram(@_10moco_)
取材・文/賀来 比呂美

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る