1. トップ
  2. 猫が好き
  3. だれにも秘密ニャ!猫にまつわる「ざんねんな事実」…こっそりお教えします!

だれにも秘密ニャ!猫にまつわる「ざんねんな事実」…こっそりお教えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じ空を眺めていても…

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

皆既月食や流星群など、ロマンティックな天体ショーを猫ちゃんと一緒に楽しんでいる飼い主さんも多いでしょう。しかし実は、猫ちゃんにはその美しさは分からないそうなんです。猫は夜行性なので暗いところでも目が見えますが、その視界は暗視カメラのように見えているとのこと。猫の目は色覚に乏しいので、青空もくすんで見えているそうです。愛猫と同じ景色が見られないなんて、ちょっと寂しいですね。

意地悪なあいつのせいじゃなかった?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

干支の話になると必ずと言っていいほど話題になるのが、猫が12支に入れなかった理由です。定番なのが、神様のところに集合する日時をいじわるなネズミに1日遅く教えられて、ビリになってしまったからという理由です。しかし、もしかしたら別の理由があったのかも?と思わせる残念な事実が。

猫は長距離走をしたら、ビリになるほど遅いらしいのです。なぜなら、爪が出し入れできるという猫独特の構造が、長距離を走るのに向いていないから。たとえば犬の場合は、爪をスパイクのように使って地面を蹴るため長距離も問題なく走れます。もし猫が正しい集合の日を知っていたとしても、神様までの距離が遠かったら、やっぱりビリになってしまった可能性が高そうですね。

“できる”と、“やる”とは違うのです…

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫はひげを使うことで、自分が通れる幅かどうかを測っているという話を、猫好きの方なら聞いたことがあると思います。実際のところ猫のひげは障害物感知器になっていて、障害物までの距離を測ることができます。そうです、機能としては「できる」のです。しかし、分かっていても入りたくなってしまうのが、猫ちゃんのダメなところ。好奇心には勝てないようです。その結果として残念なことになっている光景を、あなたも見たことがあるのでは?

以上、猫にまつわる残念な事実をご紹介しました。あなたはいくつ知っていましたか?愛猫家なら知っていて当然ですかね。しかし猫ちゃんはプライドの高い生き物ですから、知っているということは内緒にしておいた方が良さそうです。

出典/「ねこのきもち」2017年12月号『ざんねんな猫の生態』(監修:「猫の博物館」館長・日本動物科学研究所所長 哺乳動物学者 今泉忠明先生)
文/clochette417
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る