1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. メスが多くマイペースな性格な猫が多い? サビ柄猫の特徴は?

猫が好き

UP DATE

メスが多くマイペースな性格な猫が多い? サビ柄猫の特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オレンジと黒の2色の毛柄が特徴の「サビ柄」。ほとんどがメスであるといわれているため、メスの性格の特徴を持つ猫が多いようです。今回は、サビ柄の猫の特徴や、パーツごとの色の入り方、毛色のパターンなどをご紹介します。

サビ柄ってどんな毛柄?

おもちゃで遊ぶ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

サビ柄の特徴は?

「サビ柄」とは、オレンジと黒の2色が複雑に入り混じった毛色のことをいいます。黒とオレンジの色の割合はランダムで、猫によって異なるため、まったく同じ模様になることはないようです。太陽の光が当たって光り輝いているときの色合いから「べっ甲」と呼ばれたり、その模様の入り方から、「トーティ・シェル(=カメの甲羅)」と呼ばれたりすることも。

サビ柄の猫は遺伝子的にほとんどがメス

「サビ柄」は「ミケ柄」と同じように、遺伝子的に大半がメスであるといわれています。ですので、サビ柄の猫の性格にも、気ままでマイペース、甘えベタであるなど、メス猫の性格の特徴が見られるようです。

パーツごとの毛色の特徴は?

キャットタワーでくつろぐ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

顔の部分の毛色

サビ柄の猫の顔は、顔の中心線を境にしてオレンジと黒の色がはっきりと左右に分かれていることがあります。猫の毛柄は元々左右で分かれることが多い傾向にありますが、サビ柄の場合はとくに境目が目立つようです。

お腹の毛色

猫はお腹の部分の毛には薄い色が出やすいのですが、サビ柄のお腹には他の部分と同様、オレンジと黒の毛色が見られます。

鼻の色

顔に黒い毛色が入りやすいため、鼻の色も連動して黒1色になることが多いようです。稀にオレンジが入ることもあります。

肉球の色

その猫の足の色にもよりますが、肉球はピンクに黒のぶちが混じることが多いです。色の割合は猫によって異なります。

こんな珍しい色のパターンも!

ポーズを取る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

サビが薄まった「薄サビ」

サビ柄に、毛色を薄くする遺伝子が働くと、黒がグレー(ブルー)に、オレンジがクリームに変わり、全体的に淡い色合いのサビ柄になります。また、シルバーの毛色を作る遺伝子が働くと、より淡い色合いになり、全体の印象もガラッと変わります。

しま模様が全身に入る「麦わら」

サビ柄のなかには、全体的にオレンジと黒のしま模様がまだらに入る猫もいます。日本では「麦わら」、欧米では「パッチドタビー」「トービー※」と呼ばれることも。
※トービーとは、「トーティ(サビ柄)」と「タビー(しま模様)」を合わせた呼び方

同じオレンジと黒の2色が入っていても、猫によって色の入り方が違うサビ柄。同じ柄はふたつとないので、見比べてみると面白いかもしれませんね!

参考/「ねこのきもち」2016年3月号『愛猫の毛柄、鑑定します 麗しのKEGARAファイル File No.10 サビ(トーティ・シェル、べっ甲)』(監修:猫写真家 1級愛玩動物飼養管理士 石原さくら先生)
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る