1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 猫の「サビ柄」ってどんな毛柄? オレンジと黒が生み出す個性に注目!

猫が好き

UP DATE

猫の「サビ柄」ってどんな毛柄? オレンジと黒が生み出す個性に注目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「サビ柄」とは、黒とオレンジの2色が複雑に入りまじった毛柄のこと。さらに、サビ柄の中でも色の濃さの違いなどによって、それぞれ呼び名があります。猫ごとにまったく違った模様があらわれる、猫の個性の豊かさを象徴するような毛柄なのです。

サビ柄の基本は黒とオレンジ

眠っているサビ柄の猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

サビ柄は、黒とオレンジが入り混じった毛柄です。混ざり方のパターンはもちろんのこと、色の割合も猫によって異なり、同じ模様はふたつとしてありません。太陽の光が当たったときの色合いから「べっ甲」、また模様を指して「トーティ・シェル(カメの甲羅)」とも呼ばれます。

またサビ柄は、ミケ柄と同様、遺伝子的にそのほとんどがメスです。そのため、マイペースだったり、気ままで甘えベタだったりと、メスの特徴的な性格があらわれやすいようです。

お腹側も黒とオレンジ

お腹を見せるサビ柄の猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫はお腹側に薄い毛色が出やすい傾向がありますが、サビ柄の場合は、お腹もしっかり黒とオレンジです。肉球については足の毛の色によって異なりますが、多くはピンクに黒ぶちがまじります。

顔の真ん中で色が分かれることも

顔の左右で色が分かれたサビ柄の猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の毛柄はもともと、体や顔の中心を境に左右に分かれやすいのだそう。そのためサビ柄の猫は、顔の半分を境に、黒とオレンジに色が分かれることがあります。一方、鼻の色は顔に入った黒い毛色に連動して、黒1色になることが多いようです。

いろんな「サビ柄」があるんです

しま模様の入ったサビ柄の猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

サビ柄には、色の割合や濃さなどによって、さまざまな呼び名があります。たとえば、黒の割合が多ければ「黒サビ」、オレンジの割合が多ければ「赤サビ」、色が薄ければ「薄サビ」などと呼ぶことが。

ちなみに、黒サビの場合はほとんどが黒で、オレンジのぶちが入るだけということもあります。また、薄サビは毛色を薄くする遺伝子が働くことで、黒い毛色がグレー(ブルー)に、オレンジの毛色はクリームになるなど、全身が淡い色合いになって、見た目の印象がガラリと変化するのです。

ほかにも、全身に黒とオレンジのしま模様がまだらに入るサビ柄のことを「麦わら」と呼び、欧米では「パッチドタビー」、あるいはトーティ(サビ柄)とタビー(しま模様)を組み合わせて「トービー」と呼ばれています。

奥深い「サビ柄」の世界

毛の長いサビ柄の猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

色や模様のあらわれ方、混ざり方など、知れば知るほど奥深い「サビ柄」。このさきサビ柄の猫に出会ったら、じ〜っくりとその毛柄を観察したくなってしまいそうです♪

参考/「ねこのきもち」2016年3月号『愛猫の毛柄、鑑定します 麗しのKEGARAファイル File No.10 サビ(トーティ・シェル、べっ甲)』(監修:猫写真家 1級愛玩動物飼養管理士 石原さくら先生)
文/momo
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る