1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 連載
  4. 交通事故にあった猫を拾いました
  5. 「生きる!一択だ!!!」明かされた姉が瀕死の猫を助けた本当の理由【連載】交通事故にあった猫を拾いました#04

猫が好き

UP DATE

「生きる!一択だ!!!」明かされた姉が瀕死の猫を助けた本当の理由【連載】交通事故にあった猫を拾いました#04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。3匹の猫と1匹の犬と暮らし、二児の母でもあるtamtamです。
個人で犬や猫の保護活動をしている私ですが、ある一匹の野良猫と出会ったことで
私の人生は大きく変わりました。このお話は、そんな野良猫と、家族のお話。


車にはねられた一匹の猫。
業者さんから回収されようとしていたその猫は、実はまだ生きて抵抗していて。
その現場を目撃した私の姉はとっさに声をかけ、動物病院へ連れて行ったものの、安楽死した方がいいと言われてしまいます。一人じゃ決断することができず、妹である私に連絡するのですが...

このまま安楽死でいいのか!?妹よ!!!

瀕死寸前の猫を助けた姉。
安楽死という選択が最善なのか分からなくなってしまいました。
そこで、召喚したのが。このお話の作者である妹(私)がやっと登場。
保護活動をしている妹なら、きっと正しい選択がわかるはず!!

結局、2人で頭を抱えてしまうことに

はい。残念。
決断力に欠けるのは妹も同じでした☆(こら)
あーしたらいいんじゃないか、こーしてみたらいいんじゃないか、と。
結論が出るどころか、2人まとめて頭を抱えることに。

すると、姉は猫を保護したときの心情をゆっくりと語ってくれました。

助かると思って連れてきたわけじゃないんだよ

なんですと?

姉が猫を助けた本当の理由とは

当時姉が共に生活していたのは保護団体から迎え入れた臆病な元野良猫。
ツンデレなその子は姉にとって欠かすことの出来ない大切な”家族”だったのです。

仮にも、「もしこの子が姉の知らないところで脱走してしまって、事故に遭っていたら...」
姉はふと、そんな事を考えたそうです。

そして、もし、ここにいる猫にも大切に思う家族がいるのであれば、
どんな形であっても家族の元に返してあげたいと、そう願ったようで。

優しい姉の気持ちが目に染みて

安楽死の選択肢など、残されていない。
生きる!!!!一択だ!!!!!

そうして妹(私)は猫が待つ動物病院へと車を走らせるのでした。

あなたは一体どんな過去をもってるんだい?

この写真は飼い主さん探しのために撮影したものです。
瞳孔は開いたまま、ぐったりとしていました。
野良猫なのか、飼い猫なのか全くわからない状況。
しかし、体格だけはデカかった(笑)
近隣にあまり野良猫がいないこともあり、飼い猫説が濃厚でした。
私は駆けつける車の中で警察や保健所、役場など同じような猫の迷子情報がないかあちこちに問い合わせた結果...
同じような情報はなんと、ゼロ。ちーん。
一体何処で何してたんだろう?謎は深まるばかりなのです。

tamtam プロフィール

ねこのきもちWEB MAGAZINE連載「交通事故にあった猫を拾いました」
ねこのきもちWEB MAGAZINE連載「交通事故にあった猫を拾いました」
ねこのきもちWEB MAGAZINE連載「交通事故にあった猫を拾いました」

犬や猫の保護や介護についての楽しさや幸せをインスタグラムで発信し話題に。それぞれのかわいさをほっこり描いたイラストにファンも多い

tamtam インスタグラム

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る