1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 生態
  4. 鳴き声
  5. 普段鳴かない猫が「ニャッニャッ」と鳴くときは?『鳴き声からわかる猫の気持ち』

猫が好き

UP DATE

普段鳴かない猫が「ニャッニャッ」と鳴くときは?『鳴き声からわかる猫の気持ち』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は言葉を発しない生き物ですが、鳴き声で飼い主さんに気持ちを伝えようとすることがあります。愛猫の気持ちを理解するには、鳴き声の大きさ・高さ・長さなどを見極めるのがポイント。今回は、鳴き声からわかる猫の気持ちをご紹介します。

大きな声で「ニャオーン」「ミャー」と高めに鳴くとき

布団でくつろぐスコティッシュフォールド・ロングヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

愛猫が高くて大きな声で、「ニャオーン」「ミャー」と長めに鳴くことはありませんか? たとえば誰もいない場所で「ニャオーン」と鳴いていたり、飼い主さんの姿が見えると「ミャー」と鳴きながらすり寄ってきたり……。

猫は鳴いても願いが叶わないとき、より大きく長く鳴くことで、強くアピールすることがあります。さらに、鳴き声が高い場合は、子猫のように甘えたい気分になっている可能性が。

つまり、猫が「ニャオーン」「ミャー」などと大きく高い声で長めに鳴くときは、「かまってほしいな」と甘えているのでしょう。

低い声で「アーオ」「アウアウアー」と鳴くとき

けりぐるみを抱いて寝るスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

先述したとおり、猫が大きく長く鳴くのには主張が表れていると考えられますが、加えて低く鳴くときはどうなのでしょうか?

実は、猫が低い声で鳴くときは、不安な気持ちを表している可能性があります。そのため、愛猫が低くて大きな声で「アーオアーオ」「アウアウアー」などと鳴く場合は、何らかの不安を感じているのかもしれません。

たとえば、家族が外出して静かになると愛猫が低い声で鳴き始めるといったケースでは、まさに不安を感じているといえるでしょう。

小さな声で「ニャッニャッ」と短く鳴くとき

幸せそうな表情のラグドール
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

反対に、猫は小さな声で「ニャッニャッ」などと、短く鳴くときもあります。これは主に、猫が飼い主さんの目の前に来たときや、飼い主さんが猫に対して話しかけたときなどに見られる鳴き方です。

猫が小さな声で短く鳴くときは、ちょっとした気持ちを伝えようとしていると考えられます。状況にもよりますが、軽めの挨拶やお返事、「かまってほしい」という気持ちを表現しているのでしょう。

いずれにせよ、猫は軽いコミュニケーションのつもりで鳴いているといえます。

鳴き声から気持ちを知って絆を深めよう

ポーズがかわいいサバトラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫はもともと単独で行動する生き物。そのため、鳴き声で気持ちを伝える習性は、子猫期や繁殖期以外であまり見られません。しかし、人と暮らす猫は、飼い主さんに願いをかなえもらうための手段として、鳴くことを覚えたのです。

愛猫が鳴いている状況や鳴き声の様子から、そのときの気持ちを見極め、もっと絆を深められるといいですね。

参考/「ねこのきもち」2019年3月号『猫語をひも解くヒント集 鳴き声で気持ちはわかります!』(監修:帝京科学大学助教 動物看護師 小野寺温先生)
文/松本マユ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る