1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 生態・行動
  5. 甘えん坊な猫へのNG対応 「かまいすぎ」はストレスになる可能性もあり要注意!

猫と暮らす

UP DATE

甘えん坊な猫へのNG対応 「かまいすぎ」はストレスになる可能性もあり要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甘えん坊な猫の行動には、つい甘くなってしまう飼い主さんもいるかもしれません。しかし、甘えん坊な猫にするのが好ましくない「飼い主さんの対応」もあるのだそうです。

今回、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

甘えん坊な猫への飼い主さんの好ましくない対応は?

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——ふだんから甘えん坊な性格の猫に対して、「こんな対応はよくない」など配慮すべきことはありますか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「どんなに甘えん坊だとしても、お互いにある程度の距離を設けて接することは、お互いの精神面で必要です。かまいすぎはむしろストレスになったり、分離不安症のきっかけとなることがあります。

たとえば、何らかのアピールをした際にその要求をのんでしまうと、猫は『アピールすると要求が通る』と学習します。人にも生活がありますから、毎回それに対応することは難しいでしょう。

ただ、一度要求が通ると学習した猫は、要求をのめない際にはさらなるアピールをするほか、それがストレスとなり問題行動につながることがあります」

——本来であれば、どのように猫と接してあげることが望ましいのでしょうか?

獣医師:
「元々、猫は単独行動を好む動物なので、依存関係は問題行動の引き金になります。

飼い主さんは愛猫から要求されたから応じるのではなく、時にはしっかりと無視をして応じられないことを愛猫に示すのも、ストレスや問題行動の対策には必要です」

お座りする猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——甘やかしすぎることは、愛猫のためにはならないのですね。

獣医師:
「甘やかしてあげることは、愛情を伝えるコミュニケーションになるので悪いことではありません。

それと共に、飼い主さんがいなくとも愛猫がリラックスしたり、一人遊びを楽しめるように対応することも、愛猫の幸福度を上げるために必要な愛情であると思います」

眠る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

愛猫に対してかまいすぎていないか、要求に応えすぎていないか、飼い主さんは意識してみるようにしてくださいね。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る