1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 猫に「鶏のささみ」は与えてもいい?【獣医師解説】

猫と暮らす

UP DATE

猫に「鶏のささみ」は与えてもいい?【獣医師解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鶏のささみが好きな猫も多いようですが、本当に与えてもいい食材なのかちょっと心配ですよね。今回はねこのきもち相談室の先生に、どのように与えるのがいいのか、与える際の注意点などを教えていただきましたので、参考にしてみてください。

猫に鶏のささみって与えてもいいの?

こちらをみつめるさくらちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

――猫にささみは与えても大丈夫なのでしょうか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「ささみは低脂肪で高たんぱく、消化性もいい食材なので与えることは問題ありません

――与えてもいい食材なのですね。では、どのような状態であげるのがいいでしょうか?

獣医師:
「生の鶏肉は細菌により、下痢や嘔吐を引き起こす恐れがあります。そのため、レアや半レアの状態ではなく、必ず加熱してください

――一日に与える量の目安があれば教えてください

獣医師:
「おやつとして与える場合は、1日のフード量の10%以内を目安にするといいでしょう。ささみを与えた場合は、フードの量を減らして調整してください」

ささみを与えるときの注意点

こちらをのぞくポンちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

――ささみを与える場合、気をつけた方がいいことはありますか?

獣医師:
「ささみを好むコは多いので、愛猫の満足感につながるでしょう。ささみをおいしそうに食べる愛猫の姿は、飼い主さんの満足感にもつながると思います。しかし、おいしいものに味を占めてしまうと、いつものフードの食いつきが悪くなったり、食べなくなったりすることがあるので、フードの食いつきや量に気をつけて与えるようにしましょう」

――こんなときは与えたほうがいい、与えないほうがいいシチュエーションはありますか?

獣医師:
「食欲がないときに与えてあげると食欲が刺激され、フードの食いつきにつながることがあります。また、シニア猫で食が細いコなどの場合も、いつものフードに混ぜてあげるといいかもしれません。反対に、ささみばかり食べたがるようになってしまった場合は、量を減らすか一度ささみをやめて、いつものフードのみにしたほうがいいケースもあります。ほかにも、療法食を食べている場合は、与えないほうがいいでしょう。与えたい場合は、かかりつけの先生に相談してください」

こんなときは要注意!

遊びに誘うラガマフィンのテオくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

――こんな症状が出たらささみを与えないほうがいいというのはありますか?

獣医師:
「ささみ自体は消化性がいいですが、鶏肉に対するアレルギーを持っている場合は、皮膚のかゆみや嘔吐・下痢・軟便などの消化器症状がみられることがあります。ささみを与えるたびにこのような症状がみられたら、ささみを与えるのはやめたほうがいいでしょう。その上で、かかりつけ医にご相談くださいね」

――ありがとうございました。

食欲増進につながる一方で、ささみしか食べなくなることもあるようなので、与える際は量や頻度など気をつけて与えたいですね。また、与えた後は猫の様子をしっかりと観察しましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/hare
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る