1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 病気の兆候
  5. 実は病気かも? 猫のくしゃみの原因について獣医師に聞いてみた

猫と暮らす

UP DATE

実は病気かも? 猫のくしゃみの原因について獣医師に聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人と同じように、猫もくしゃみをすることがあります。でも、病気が原因かどうか見分けるのは難しいですよね。そこで今回は、ねこのきもち獣医師相談室の先生に、猫のくしゃみの原因や考えられる病気について聞きました。

くしゃみには生理的なものと病気によるものがある

キャットタワーの後ろに隠れている猫
BiancaGrueneberg/gettyimages

――猫がくしゃみをする理由には、どのようなものがあるのでしょうか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「猫のくしゃみには、生理的なものと病気によっておこるものとがあります。

生理的なくしゃみは、ホコリなどを吸って、それが鼻の粘膜を刺激して出るもの。病気によるくしゃみは、ウイルスなどが感染して鼻の粘膜を刺激し、炎症を起こした結果として出るものです」

くしゃみの原因はさまざま

――猫にくしゃみの症状が出る原因には、どのようなものがありますか?

獣医師:
「猫のくしゃみの原因は多岐にわたります。細菌やウイルスによる感染症、重度の歯周病といった歯の問題、鼻の中のポリープやできもの、アレルギー、寒暖差、パウダーやエアロゾルの暴露などさまざまな原因が考えられます」

病気によるくしゃみの見分け方は?

グレーの子猫
5second/gettyimages

――病気が疑われるくしゃみの見分け方を教えてください。

獣医師:
「病気が疑われるくしゃみの場合、くしゃみとともに発熱や鼻水、結膜炎、鼻水に血液が混ざる、歯の痛み、元気や食欲がない、といった症状が見られることが多いです」

猫がくしゃみをしたときはどうすればいい?

首をかしげるメインクーンの子猫
Nils Jacobi/gettyimages

――愛猫がくしゃみをした場合、飼い主はどのような対応をすればいいでしょうか?

獣医師:
「愛猫がくしゃみをした場合、一時的なものでそれ以上くしゃみを繰り返さないのであれば、特に大きな対応をする必要はないでしょう。

ただし、鼻水が出ていないか、発熱していないかなど、ほかの症状がないかは確認しておいたほうが安心です。異常を感じた場合は病院を受診しましょう」

――くしゃみをしたときに、しっかり様子を観察することが大事ですね。

獣医師:
「寒暖差でくしゃみが出ることもあるので、部屋の温度が適温かどうか、また、ホコリやタバコの煙など、猫にとって刺激となるようなものがないかなども確認しておくといいでしょう」

くしゃみの予防法

かわいいベンガル猫
Ingus Kruklitis/gettyimages

――猫のくしゃみを予防するには、どのような方法があるでしょうか?

獣医師:
「くしゃみの症状が出る病気のうち、猫ヘルペスウイルス感染症猫カリシウイルス感染症にはワクチンが存在します。ワクチンを接種することで症状の重症化を防ぐことができるのでワクチン接種は重要です」

――ありがとうございました。

猫がくしゃみをするのには、さまざまな要因があることが分かりました。普段から愛猫の様子をよく観察して、気になる症状があれば動物病院を受診しましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/えむら若奈
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る