1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 生態・行動
  5. 猫が飼い主のことを「覗き見」。やってはいけないNG行動とは

猫と暮らす

UP DATE

猫が飼い主のことを「覗き見」。やってはいけないNG行動とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふと視線に気づき目をやると、愛猫が飼い主さんのことを覗き見していたということがありませんか? 同じ家の中にいながら、どのような心理で飼い主さんのことを覗き見してくるのか——ねこのきもち獣医師相談室の白山さとこ先生が解説します。

猫が隙間や物陰から飼い主さんを覗き見する心理は?

覗き見する猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫が飼い主さんのことを物陰などから覗き見することがあるようです。どのような気持ちなのでしょうか?

白山先生:
「猫はもともと狩猟をして食べ物を得る動物なので、身を隠しながら相手を観察することが本能的にあります。飼い主さんのことを『狩猟対象』とは見ていないと思いますが、『興味のある相手』として認識しているはずなので、見るときについ覗き見のようになってしまうのかもしれません。

覗き見しやすい猫の傾向としては、もともと外で暮らしていた経験のある猫や、警戒心の強い猫、また、若くて好奇心旺盛な猫などは、身を隠しながら飼い主さんのことを覗き見することが多いかもしれませんね」

覗き見している猫にしてはいけないNG対応は?

覗き見する猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——物陰などから覗き見している猫に対して、飼い主さんがしてはいけない対応はありますか?

白山先生:
「たとえば、覗き見している最中の猫を驚かせるなどの行動は控えたほうがよいでしょう。急に驚かせることで興奮し、飼い主さんに対して攻撃的になるなどの恐れがあります。

愛猫にそのまま好きなように覗かせてあげるなど、あまり刺激にならないような対応を心がけてみてくださいね」

覗き見するブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は好奇心から、飼い主さんの様子をこっそり覗き見していることがあるようです。なかには警戒心で覗き見するコもいるようなので、様子をうかがう愛猫のことを驚かせないように、そっと見守ってあげましょう。

(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・白山さとこ先生)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る