1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 猫が「ハンドクリーム」を舐めないほうがいい理由 獣医師が解説

猫と暮らす

UP DATE

猫が「ハンドクリーム」を舐めないほうがいい理由 獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乾燥がひどい冬の時期などに、ハンドクリームを使用している猫の飼い主さんもいると思います。ハンドクリームを塗った手を愛猫が舐めてしまっても大丈夫なのか、不安に思う人もいるのではないでしょうか。

この記事では、猫の飼い主さんがハンドクリームを使用する際の注意点について、ねこのきもち獣医師相談室の斉藤由実先生が解説します。

飼い主さんがハンドクリームを使うことの猫への影響は?

見つめるベンガル
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——飼い主さんがハンドクリームを塗った手で猫を触るなどした場合、何か悪影響はありますか?

斉藤先生:
「ハンドクリームには、猫にとって有害な成分が含まれていることがあります。人が使うハンドクリームは基本的には安全性が確認されていますが、それはあくまでも人が使用する場合であり、猫が口から摂取する場合ではありません。

少量舐めた程度ではあまり影響がないかもしれませんが、毎日のように猫がハンドクリームを舐めていたら、影響が出る可能性があります。特に精油成分が使われているハンドクリームは、猫にとって有害となってしまう恐れがあります」

猫に精油成分がダメな理由は?

外を見るスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——なぜ精油成分は猫にとって危険なのでしょうか?

斉藤先生:
「猫の体は精油成分を分解できないためです。実際に精油成分により、猫に中毒症状が出た報告があります。具体的には…

  • 唾液分泌やよだれの増加
  • 中枢神経抑制
  • 無気力
  • 不全麻痺
  • 運動失調
  • 震え
  • 昏睡
  • 脱水
  • 肝酵素の上昇

といった症状が挙げられます。これらは、若い猫や体格の小さい猫がよりなりやすいと報告されています。

ただし、精油成分をどの程度舐めると症状が出るのかは不明なのと、舐めたから必ず症状が出るというわけではありません。そういったリスクが報告されていることを踏まえて、使用の際は十分に注意する必要があるでしょう」

——精油成分のほかに、何か注意したほうがよい成分はありますか?

斉藤先生:
「ハンドクリームには保存料、香料、ハイドロゾールなども含まれています。これらも、猫が口にすることに対しての安全性が確認されてはいません。なるべく口に入れさせないようにするほうが安心でしょう」

飼い主さんがハンドクリームを使う際の注意点は?

ナデてもらう猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫の飼い主さんがハンドクリームを使用する場合、どのような配慮が必要でしょうか?

斉藤先生:
ハンドクリームを塗った後は、なるべく猫に触らないようにしたほうが安全です。たとえば、猫の毛にハンドクリームがついてしまうと、毛づくろいの際に舐めとってしまう可能性があります。また、飼い主さんがハンドクリームを塗ったところを舐められないようにも注意しましょう。

ハンドクリームの代替品として、たとえば馬油やワセリン、オリーブオイルを使う人もいると思いますが、これらであれば猫が舐めても大丈夫です。

最近では、100%食品由来成分や天然成分で作られているハンドクリームもあり、猫が舐めても大丈夫だという商品もあります。ぜひそういったものを探してみてください」

(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・斉藤由実先生)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る