1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 飼い主さんに"赤ちゃん"が生まれたら『猫はどう思う』?接する際の注意点を獣医師が解説

猫と暮らす

UP DATE

飼い主さんに"赤ちゃん"が生まれたら『猫はどう思う』?接する際の注意点を獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境の変化にストレスを感じやすい猫。もしも飼い主さんに赤ちゃんが生まれて、突然一緒に暮らすことになったら……猫はどう思うのでしょうか?

今回、ねこのきもち獣医師相談室の白山さとこ先生に聞いてみました。

もしも飼い主さんに赤ちゃんが生まれたら、猫はどう思うの?

見つめるブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー飼い主さんに赤ちゃんが生まれて、はじめて猫の前に現れたとき、猫は赤ちゃんのことをどう思うのでしょうか?

白山先生
「猫は警戒心が強いので、赤ちゃんと初めて会ったときは逃げてしまうこともあります。しかし、赤ちゃんを『危険をもたらすものではない』と猫が理解すれば、自ら赤ちゃんに近寄って仲良くしようとするケースも多いです。

これは赤ちゃんならではの見た目や声から『攻撃対象ではない』と認識している可能性があります」

ーーそう思ってくれたら、飼い主さんも安心できますね。

赤ちゃんのいる家庭で猫を飼う際の注意点

見つめるスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー赤ちゃんのいる家庭で猫を飼うときに、飼い主さんが気をつけたいことはありますか?

白山先生:
「そうですね。飼い主さんは以下の2つのことを日頃から注意してみてください」

①感染症予防をしっかりとしよう

白山先生:
「赤ちゃんは免疫力が低いので、人にもうつる『皮膚糸状菌症』などの人獣共通感染症や、病気を媒介する可能性のあるノミやマダニなどに十分気をつける必要があります。対策として……

  • 猫を触ったら手を洗う

  • 部屋の掃除や猫トイレの掃除をこまめに行う

  • 猫を外へ出さない

  • 寄生虫予防をする

などをしっかりとしましょう」

②猫と赤ちゃんを強制的に近づけない

白山先生:
「また、猫のストレスにならないよう、猫と赤ちゃんを強制的には近づけないようにし、会わせるときは赤ちゃんが寝ているときか、泣いていないときにしましょう。

猫のペースに合わせてあげることも大切です。赤ちゃんがいる空間で、好物やおやつを与えるなど、猫が喜ぶことをしてあげてもよいでしょう。

また、赤ちゃんのいる場所から離れたところに、猫だけで安心してくつろげる隠れ場所も用意しておいてくださいね」

おかわりを希望する猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

赤ちゃんも猫もストレスなく快適に過ごせるように、飼い主さんはできる限りの配慮をしてあげられるといいですね。

(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・白山さとこ先生)

※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami
編集/ねこのきもちWeb編集室​

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る