1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 獣医師に聞いた! 猫がゴハンを残しがちなときの理由 その対処法は

猫と暮らす

UP DATE

獣医師に聞いた! 猫がゴハンを残しがちなときの理由 その対処法は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫がゴハンを残してしまう、とお悩みの飼い主さんもいるのではないでしょうか。今回はねこのきもち獣医師相談室の白山さとこ先生に、猫がゴハンを残しがちな理由を解説してもらいました。愛猫がゴハンを食べきる工夫の仕方もご紹介します。

猫がゴハンを残す原因って?

かわいいアメリカンショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

――ゴハンを食べきらない猫は多いようです。猫がゴハンを残してしまうのはなぜでしょうか?

白山先生:
「野生時代の猫は、小さな獲物を追いかけて頻繁に捕まえる生活をしていました。少量の食事を1日に何度もとっていた名残から、猫はゴハンを一気に食べきらず少しずつ食べるコが多いのです」

――ちょこちょこ食べるのは猫の習性だったのですね。

白山先生:
「そのほかにも、猫がゴハンを残す原因はいくつか考えられます。たとえばフードが新鮮でない、食感や食べやすさが好みでないなどの理由もあります」

食べ残しのお皿はそのまま出しておいてもいい?

――ちなみに猫がフードを残したとき、お皿はそのまま出しておいても大丈夫ですか?

白山先生:
食べ残しのフードをそのままにしておくと、細菌が繁殖する原因になるのできちんと片付けましょう。

愛猫の食べ方にもよりますが、ドライフードであれば3~4時間程度(夏場なら2〜3時間)で食べきれる量をお皿に入れ、残っていたら片付けてください。

ウェットフードはさらに痛むのが早いため、30分〜1時間以内(夏場は30分程度)には片付けましょう。ちょこちょこ食べる猫の場合は、ドライフードを使用するのがおすすめですよ」

猫がゴハンを残すときに考えられる病気は?

かわいいチョーカーをつけた茶トラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

――病気が原因でゴハンを残してしまうこともありますか?

白山先生:
「その可能性はあります。たとえば、口の中や歯が痛くて食べられない『口内炎』や『歯周病』が原因の場合もあるでしょう。

また、胃腸の調子が悪く嘔吐や下痢の症状が見られる『消化器疾患』や、発熱やくしゃみを伴う『感染症』なども疑われます。

猫がゴハンを残す原因となる病気はほかにもたくさん考えられるので、おかしいと感じた場合はすぐに動物病院を受診してください」

猫がゴハンを残さないようにできる工夫って?

座る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

――原因が病気以外のとき、猫がゴハンを残さないようにするために日頃からできる工夫はありますか?

白山先生:
「野生時代の猫は狩りをして食事をとっていましたが、現代は食器にフードを入れて与えられています。そのためゴハンを残してしまう要因のひとつに、猫にとって刺激が足りないということが考えられます。

たとえば、フードを置く場所を毎回変える、家で運動する時間を増やしてお腹を空かせるなどの工夫がよいでしょう」

――ありがとうございました。

ゴハンを食べきらない猫が多いのには、猫の習性が関係していました。しかしゴハンを残すときは病気の可能性もあるため、ほかに気になる様子が見られる場合は必ず動物病院を受診しましょう。

(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・白山さとこ先生)
取材・文/松本マユ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る