1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 多頭飼い
  5. 新入り子猫、先住猫とどう対面させる? 飼い主の段取りが大切!

猫と暮らす

UP DATE

新入り子猫、先住猫とどう対面させる? 飼い主の段取りが大切!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春といえば、猫の出産シーズン。すでに猫を飼っているご家庭でも、新たに子猫を迎えるというシーンがあるかもしれません。ドキドキの初対面では、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。
先住猫と新入り子猫の対面のさせ方について、ねこのきもち獣医師相談室の丸山知美先生に教えていただきました。

いきなり対面はさせず、それぞれのスペースを確保しよう

子猫のトト子ちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

先住猫と新入り子猫をいきなり接触させるのは、精神的にも病気の予防の観点からも不安があります。あらかじめ子猫用のケージを用意したり、部屋分けができるようにしておいたりしましょう。

先住猫は、新しい猫を迎えられるような体調・精神状態か、この1年ほどきちんとワクチンを打っているか、外に出る猫であればウイルスや寄生虫などがいないかをチェックします。

新入り子猫も、ワクチンの接種や全身的な体調のチェック、寄生虫やウイルスなどの検査などを済ませておきましょう。ワクチン接種から2週間経たないうちは病気感染の心配が残るため、先住猫とは接触させないようにします。また、乳飲み子猫である場合は、しっかり歩けるようになる生後1か月半以降になるまで先住猫との対面は控えましょう。

ニオイ交換やケージ越しの対面から慣れさせよう

茶トラMIXの鈴くん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫同士がお互い仲間として受け入れやすくなる方法として“ニオイ交換”があります。子猫の顔周りを撫でて手にニオイをつけ、その手を先住猫のからだに擦りつけます。この逆も行いましょう。猫が嫌がった場合は、直接からだにニオイをつけるのではなく、お互いのニオイがついたタオルなどを交換することから始めるとよいでしょう。

先住猫も普段どおりで、新入り子猫も落ち着いて食事や排泄ができるようになったら、ケージやキャリーケース越しに対面させましょう。まずは1日5分から始めて、徐々に対面時間を延ばしていきます。先住猫が逃げても無理強いはしないように。

直接対面の際は、必ず飼い主さん立会いのもとで!

キジトラMIXのラムちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

新入り子猫のワクチン接種から2週間以上経ったら、飼い主さん立会いのもと直接対面させます。猫同士を無理にくっつけず、自然に任せながら見守り、威嚇などがなければ対面時間を延ばしていきます。

・相手を警戒せずにすれ違う
・相手をなめたり、からだを擦りつけあったりする
・同じ部屋でも安心して眠る
・遊びを仕掛ける
このような様子が1~2週間で1つでも見られたら、本格的に合流させてもよいでしょう。

なかなか対面がうまくいかない場合は……

黒白MIXのこまくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

・少しずつ慣れさせようとしても、お互い受け入れられない
・ものすごく怒っていて危害が加わりそうである
・どちらかの体調が著しく崩れてしまった
このような様子が見られたときは、対面を中断させましょう。

手順どおりに対面させてもなかなかお互いが慣れない場合は、避妊・去勢手術などで、無駄なバトルなどを回避できる可能性もあります。もし歩み寄りを考えるなら、猫がリラックスするフェロモン剤や落ち着くサプリメントなどを使用しながら、折り合いをつけることもありうるかもしれません。かかりつけの獣医師に相談してみるとよいでしょう。

せっかく新たに猫を迎え入れるのであれば、2匹仲良くなってもらいたいですが、なかなか思うようにうまくいかないこともあるかもしれません。猫同士の相性もあるので、はやる気持ちをぐっと堪えて、焦らず気長に見守りたいですね。

(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・丸山知美先生)
参考/「ねこのきもち」特別編集『子ねこのきもち はじめて子猫がウチに来たらすぐ役立つ育て方BOOK』
取材・文/緒方るりこ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る