1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 猫は思い出がある?食べ物に砂かけるようなしぐさの理由は?猫にまつわる素朴な疑問

猫と暮らす

UP DATE

猫は思い出がある?食べ物に砂かけるようなしぐさの理由は?猫にまつわる素朴な疑問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日中寝ていたり、暑い場所で日なたぼっこをしていたりと、飼い主さんから見ると不思議に思える猫の行動には、猫ならではの生態の秘密が隠されています。猫に対する疑問や不思議な行動の理由について、哺乳動物学者の今泉忠明先生にお話を伺いました。

猫は1日どのくらい寝ているの?

お昼寝中のルイちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の睡眠時間はおよそ14時間と、1日の約6割は寝て過ごしています。子猫やシニア猫の場合はさらに長くなることも。
家猫の場合は、残りの10時間程度も遊びやゴハン、毛づくろいなどをして自由に過ごします。

暑い場所で日なたぼっこをするのは大丈夫なの?

ベンガルのミラちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

実は猫は暑さに少し鈍感な生き物。また、直射日光にはビタミン補充の役割もあるため、多少暑くても日光に当たり続けてしまうこともあるようです。
冬でも長時間日光浴をすると、体調を崩してしまうおそれがあるので、注意してあげましょう。皮膚が弱い猫や、紫外線から皮膚を守るためのメラニン色素が少ない白猫などは、紫外線を浴びすぎると炎症を起こしてしまうこともあります。

ゴハンの横で砂をかけるしぐさをするのは気に入らないから?

ごはん待ちのみーこちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫がゴハンの横で砂をかけるしぐさをすると、もしかして気に入らないのかと心配になりますよね。
しかしこれは、むしろ喜びから来ているしぐさ。
外で暮らす猫は、日々生き残りをかけて暮らしています。そのため、食べきれない食べ物は隠して保存しておき、なくなるまで連日隠した場所に食べに行くのです。
毎日ゴハンにありつける家猫がこのしぐさをする場合は、よほどゴハンを気に入っていると考えられます。

うれしいこと、嫌なことはどのくらい覚えているの?

ミケ猫のみぃちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

実は、執念深く一生覚えていることもあります。
というのも、外で暮らす猫にとって、「一発で獲物をしとめられた!」「この場所で命を狙われそうになった……」など、そのときの獲物や場所のニオイと風景の記憶は、生きていくうえで重要な情報。そのため家猫も、ニオイを嗅げば一生、いつでも記憶を取り戻すことが可能です。

猫は人から見ると不思議に思える行動をしますが、それも異なる生態をもつ猫だからこそ。一方で、人と暮らしていくうちに、猫らしくない行動をする猫も増えてきているようです。これからもさまざまな魅力をみせてくれる猫から目が離せませんね。

お話を伺った先生/今泉忠明先生(哺乳動物学者 「ねこの博物館」館長 日本動物科学研究所所長)
参考/「ねこのきもち」2019年2月号『知れば知るほどもっと知りたくなる 動物学者・今泉先生に聞いた 愛しき猫のふしぎ』
文/田山郁
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る