1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 爪とぎの「どうして?」に答えます!愛猫と上手に付き合う方法

爪とぎの「どうして?」に答えます!愛猫と上手に付き合う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫の爪とぎ事情…被害続出!

猫を飼っていると悩まされる行動のひとつに「爪とぎ」があります。こちらに寄せられているエピソードでは、トイレットペーパーで爪とぎをされてボロボロになってしまったという話や、同居猫同士のケンカの度に壁にガリガリと爪とぎをされてしまったなど、飼い主さんの苦悩が思いやられます。

飼い主さんとしては困ってしまう「爪とぎ」ですが、猫の習性でもあるので、なかなか止めるのは難しいと言えます。そもそも、なぜ猫は爪とぎをするのでしょうか?

爪とぎはやめられない?愛猫の本能にせまる

猫が爪とぎを行う理由としては、大きく分けて3つあります。

その1. マーキング

マーキングとは、特定の場所などに自身の”ニオイ”をこすりつけ、「ここは自分の縄張りだ!」と主張するための行動になります。猫の足の裏には、『臭腺(しゅうせん)』という臭いを発生するところがあるため、爪とぎを行うことで「自分の場所だ」とマーキングをおこなっているのです。また、後ろ足で立ち上がり、高所で爪とぎを行っている場合は、より身体を大きく見せようとするアピールともいわれています。

その2. 爪のメンテナンス

猫の爪は層状になっており、外側の古い爪がはがれ落ちることで鋭さを保っています。本来、猫は土の上を走り回り、獲物を捕らえることで古い爪が自然と落ちていきます。しかし、飼い猫の生活では外を走り回ることも、狩りを行うこともないので、爪が自然にはがれ落ちることはありません。つまり、本能的に鋭い爪を維持するためには、爪とぎで古い爪を落とすしかないというわけです。特に若い猫は爪の伸びが早いこともあり、爪とぎの回数も多くなります。

その3. 精神安定

猫が気持ちを落ち着かせたいときにも、爪とぎを行います。猫の行動学では『転位行動』といい、一説では、爪とぎを行うことで自分の臭腺の臭いを周囲に充満させ、その臭いで自らを安心させるともいわれています。同じ転位行動としては、毛づくろいも気持ちを落ち着かせる行動になります。

そのほか、爪とぎはストレッチや遊び感覚、ストレス発散といった意味もあるそうです。

爪とぎ器が一番の解決策!使ってもらう工夫

爪とぎ問題を解決するために、爪とぎ器を用意しているという飼い主さんも多いでしょう。しかし、爪とぎ器を使ってくれないという愛猫がいたりと、苦労は絶えません。そういう場合は、垂直置きや出入口付近の「縄張りの境目」に置くと、比較的爪とぎを使ってくれるようになります。また、爪とぎ器が安定しないと踏ん張れないので、滑り止めでしっかり固定するのも大切ですよ。

そして、よく爪とぎをされる場所には爪の引っかかりにくいカバーで隠したり、爪とぎをする素振りをしたら一緒に遊んだりするのも手です。飼い主さんにとっては骨の折れることではありますが、本能的な行動だと、ある程度割り切って接するのが良いでしょう。

出典/「いぬのきもち」2016年7月号『爪とぎしたくなる!そのココロは?』
文/ICHINOKI
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る