1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. ダニ・ノミ・寄生虫
  5. 【獣医師監修】室内猫でも要注意! 猫の寄生虫の原因や症状、治療方法|ねこのきもち

猫と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】室内猫でも要注意! 猫の寄生虫の原因や症状、治療方法|ねこのきもち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主さんも猫自身も気づかぬうちに、猫の体に忍び込む寄生虫。今回は、猫の寄生虫の種類や原因、症状、予防方法などを解説します。猫同士の接触がなくても、飼い主さんがノミなどを外出先から持ち込む可能性もあるので、完全室内飼いでも油断は禁物です!

この記事の監修

田草川 佳実 先生

 獣医師
 聖母坂どうぶつ病院副院長

 北里大学獣医畜産学部(現 獣医学部)獣医学科卒業

●資格:獣医師/認定こいぬこねこ教育アドバイザー(JAHA認定)/General Practitioner Certificate IN Small Animal Surgery(小動物外科学)

●所属:日本獣医動物行動研究会日本獣医がん学会日本獣医腎泌尿器学会

続きを読む

とくに多い内部寄生虫「回虫」「条虫」

内部寄生虫とは、猫の体内をすみかとする寄生虫のこと。そのなかでも、とくに感染率が高い「回虫」と「条虫」について解説します。

ノラ猫の半数以上が感染している「回虫」

「回虫」の特徴


猫には「猫回虫」(写真)と「犬小回虫」が寄生しますが、そのほとんどが「猫回虫」です。白くて細長いのが特徴で、成虫の長さは2~10cmほど。ノラ猫を対象とした調査で50~60%の猫から見つかったという、猫に身近な寄生虫です。

どうやって感染するの?


感染ルートで多いのは、感染した母猫のお乳を飲むことです。母猫の体の中で回虫の幼虫が血管に侵入し、幼虫が母乳にも入り込むため、それを飲んだ子猫に感染します。また、回虫の卵を口にしたり、感染したネズミなどを食べたりすることによってもうつります。

どんな症状で気づく?


回虫は猫の小腸にすみ着くため、猫が回虫を吐いたり、下痢をしたり、回虫がウンチと一緒に排泄されたりすることで気づきます。子猫の場合は、体重が減少することも。

治療法は?


回虫の卵はウンチに混じって排出されるため、便検査を行い、出てきた虫を確認します(嘔吐で出る場合も)。回虫が見つかったら駆虫薬を投与します。

通称サナダムシともいわれる「条虫」

「条虫」の特徴


猫には「瓜実条虫」「猫条虫」(写真)「マンソン裂頭条虫」の条虫が寄生します。なかでもとくに多いのが「瓜実条虫」で、成長すると50~60cmほどの長さになることもあります。いずれも片節というパーツでつながっていて、白く細長いヒモのような見た目が特徴です。

どうやって感染するの?


瓜実条虫の卵を食べたノミが猫の体の表面に付き、毛づくろいのときに、猫が条虫を宿したノミごとなめとることで感染します。また猫条虫は、条虫の卵を宿したネズミを猫が食べることで、マンソン裂頭条虫は、条虫の卵を食べたカエルや、そのカエルを食べたヘビを猫が食べることで、それぞれ感染します。

どんな症状で気づく?


条虫は猫の小腸に寄生しますが、多数寄生しない限り猫への害は少なく、無症状のこともあります。瓜実条虫の片節(白い卵のようなもの)がウンチに混じっていたり、お尻や寝床に付いていたりすることで気づく場合も。

治療法は?


便検査では条虫の卵は見つかりにくいため、猫のお尻やウンチに条虫の片節がないか視診で確認します。治療は条虫を退治する駆除薬を投与するほか、ノミに感染している可能性も高いため、ノミの駆除薬の投与も必要です。

とくに多い外部寄生虫の「ノミ」「ダニ」

皮膚や耳など、体の表面をすみかとする外部寄生虫。そのなかでも代表的なものが、「ノミ」と「ダニ」です。

吸血されると激しいかゆみが生じる「ノミ」

「ノミ」の特徴


ノミは世界中に多くの種類が棲息し、吸血する相手を選びません。猫に付くのはほとんどが「ネコノミ」で、体長は2mmほど。毛の間をすり抜け、活発に動きます。猫の皮膚に刺した針からアレルゲンとなる唾液を出すため、強いかゆみが生じます。

どうやって感染するの?


全身毛に覆われている猫は、ノミが寄生しやすい動物で、刺しやすい背中、下腹、脇、内股部を吸血する傾向があります。また、ノミは気温20~30℃、湿度50~80%の環境で繁殖します。そのため、冷暖房の整った部屋で暮らす猫にとっては、もっとも身近な寄生虫だといえます。

どんな症状で気づく?


猫がノミに刺されるとかゆみを感じます。体をしきりにかいたり、毛をカチカチと噛んだりするしぐさが見られたら、ノミが寄生している可能性があります。

治療法は?


猫の毛をかき分けて、砂のような黒い粒を見つけた際、濡らしたティッシュの上にのせます。血が滲むようなら、ノミの糞なので、ノミの存在が確認できます。その後猫に駆除薬を投与することで駆除と予防が可能です。同時に家の中にいるノミも駆除します。

耳や体表に寄生する「ダニ」

「ダニ」の特徴


猫の毛をかき分けて、砂のような黒い粒を見つけた際、濡らしたティッシュの上にのせます。血が滲むようなら、ノミの糞なので、ノミの存在が確認できます。その後猫に駆除薬を投与することで駆除と予防が可能です。同時に家の中にいるノミも駆除します。

どうやって感染するの?


ダニは感染力の強い寄生虫で、感染した猫と軽く接触したり、同じブラシを使ったりするだけでもうつります。複数飼いの場合は生活空間を共有しているため、すぐに同居猫にもうつってしまいます。とくに多いミミヒゼンダニは外で生活していた元ノラ猫や、迎え入れたばかりの子猫に多く見られるようです。

どんな症状で気づく?


耳ダニは、猫の耳の中に寄生するので、しきりに耳や顔周りをかいたり、頭を振ったりします。黒い耳垢も大量に出ます。また、ショウセンコウヒゼンダニは顔周りや前足の皮膚に寄生し、猫は激しい痒みを感じ、耳に沿って乾燥したカサブタが出来ます。マダニは猫についた虫自体を見つけることで気づきます。

治療法は?


検査は、皮膚の表層部分を採取して顕微鏡で確認します。マダニは肉眼でも確認が可能です。治療はダニの種類に応じて駆除薬を投与します。

感染するとやっかいな内部寄生虫「フィラリア」「原虫類」

獣医師に抱かれる猫
getty

猫が感染すると突然死してしまうこともある「フィラリア」

フィラリアというと犬の寄生虫という印象ですが、じつは猫にも感染します。猫の10匹に1匹はフィラリアに感染した経験があるというデータも。フィラリアは、蚊が媒介して猫に寄生します。犬のように体内で成虫にまで発育しないことが多いので、はっきりとした症状が見られず、診断が困難です。
まれに成虫に発育すると、普通に生活していた成猫が突然死亡してしまうケースも。現在は有効な治療法がなく、フィラリアから猫を守るためには、定期的に予防薬を投与するのが唯一の方法です。

猫の体の中で増殖する目に見えない寄生虫「原虫類」

原虫類とは、同じ内部寄生虫の中でも、回虫・条虫などとは異なる単細胞の生物の総称です。消化管に寄生する一部の原虫は、感染した猫のウンチに含まれるオーシスト(卵のようなもの)などを口にすることによって感染し、猫の体内で増殖していきます。猫の小腸に寄生するため、軟便や下痢になったり、子猫の場合は体重が減ったりすることも。健康な成猫の場合は無症状のこともありますが、子猫の場合は衰弱して死に至るケースもあります。便検査で虫が特定できたら抗原虫薬で駆除し、下痢などの症状があれば対症療法も同時に行います。

猫の寄生虫が人にうつることもあるの?

膝にのる猫
getty

猫のウンチを処理する際、卵などが人の体内に入ってしまうと、「猫回虫幼虫移行症」や「瓜実条虫症」という病気になる可能性があります。また、猫に付いたノミに気づかないうちに刺されたりすることも。

猫回虫幼虫移行症

猫がウンチと一緒に排出した回虫の卵が孵化直前まで育ち、それが人の口に入ることによって感染します。また、猫が肛門周辺をなめたときに卵が口や体に付き、食器や毛を介して人にうつることも。感染すると回虫が体内を移動し、行き着く先が目なら失明などの視覚障害、肺なら咳などの原因になる恐れもあります。

瓜実条虫症

条虫は、ノミが条虫の卵を摂取して、ノミの中で感染できる段階まで成長するので、条虫を含んだノミが体内に取り込まれることによって感染します。症状が出ることはほとんどありませんが、まれに下痢や嘔吐をすることがあるため、とくに幼児は注意が必要です。人の排泄物に、条虫の一部が混じって発見されることも。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫から人にうつる病気」

寄生虫の予防や対策について

動物病院で便検査などを受ける

ノラ猫は寄生虫に感染している可能性が高いといえます。かゆがるなどの症状が見られなくても、猫を保護したらすぐに動物病院へ連れて行き、便検査などを受けましょう。

寄生虫の予防・駆除薬を投与する

ノミ・ダニ・フィラリアなど、寄生虫によっては効果的な予防・駆除薬があります。年間を通じて暖かい地域では通年、月1回投与します。それ以外の地域は獣医師に相談の上、期間を決めて予防しておくと安心でしょう。

ウンチを観察し、処理したあとは石鹸で手を洗う

飼い主さんが猫のウンチを観察することによって寄生虫に気づくケースもあります。ウンチの状態がふだん通りか、虫のようなものが混じっていないか確認する習慣をつけましょう。また、ウンチに混じる卵などは新たな感染源になります。排泄物はすぐに処理し、飼い主さんは手を石鹸で洗いましょう。
感染しても症状が出ないこともあり、気づかないうちに感染している可能性もある寄生虫。愛猫が元気だからと油断せずに、定期的に動物病院で検査や予防をすることが大切です。

監修/田草川佳実先生(聖母坂どうぶつ病院副院長)
文/ねこのきもち編集室

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る