1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 愛猫の歯磨きに悩むあなたへ|病気も予防するブラッシング方法とは?

愛猫の歯磨きに悩むあなたへ|病気も予防するブラッシング方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯磨きは猫にも必要?

猫はきちんと歯磨きをしないと、歯肉炎や歯周炎といった歯周病や、歯の吸収病巣などの病気になる恐れがあります。口内の病気にかかるとフードを食べる力がなくなるので、免疫力が低下してしまいます。動物病院によっては歯石除去を行っているところもありますので、歯磨きに自信がない飼い主さんは、一度獣医師に相談してみましょう。

歯磨き前にスキンシップ!

口まわりをタッチ!

飼い主さんからよく聞くのが、猫が歯磨きを嫌がってしまい、上手にできないという悩みです。猫は警戒心が強い生き物なので、いきなり歯磨きを始めるのはNG。最初に口まわりをタッチし、触れられることに慣れてもらいましょう。

【1. 触ると喜ぶところから撫でる】
まずは、アゴの下あたりなどの猫が喜ぶところから撫で始めます。そのときは猫がリラックスできる体勢を意識します。

【2. 口まわりを触る】
その後、口まわりを軽くタッチしてみて嫌がられないようであれば、猫の口から頬にかけてを両手で少しずつ揉むように触ります。

【3. 口角を引っ張り上げる】
2の動きからの流れで、そっと両手で口角を引っ張り上げます。「に~っ」と奥歯まで見える笑顔を作るイメージでやってみてください。この動きは嫌がる猫が多いので、途中でつまづいたら褒めてあげたり、おやつをあげたりと工夫しましょう。

歯をタッチ!

口まわりの動きに慣れたら、次は歯をタッチすることに慣れさせましょう。好物のペーストなどを指につけて行うと受け入れてくれる場合が多いです。

【1. 前歯を触る】
片手を猫のアゴ下に添えて、もう片方の手の人差し指で猫の上唇を少し持ち上げてください。その後、口からのぞいた前歯をチョンチョンと軽くタッチします。

【2. 奥歯を触る】
片手の人差し指で上唇をしっかりと持ち上げながら、もう片方の手の人差し指で奥歯を触っていきます。愛猫が嫌がらず触らせるようになったら歯ブラシを与えて、舐めたり噛んだりさせてみましょう。

歯磨き実践!

歯ブラシでピカピカ!

タッチを嫌がらなくなり、歯ブラシの感触にも慣れたら、いよいよ歯磨き本番です。猫の歯磨きには、ペット用歯ブラシと、ペット用歯磨きペーストを使います。

【1. 準備&リラックス】
まずは歯ブラシを水で濡らし、歯磨きペーストをつけます。準備ができたら愛猫を飼い主さんの膝上に乗せて、撫でながらリラックスさせます。猫の後方から両手を回して抱くと体勢が安定するのでオススメです。また、歯ブラシは鉛筆持ちにすると磨きやすいですよ!

【2. 奥歯をゴシゴシ】
猫の奥歯は他の歯よりも大きいため、歯垢が付きやすい箇所です。歯ブラシを持っていない手の人差し指で猫の口角を引っ張り上げ、歯ブラシを45度くらいに傾けて、念入りに1本ずつ磨いていきましょう。

【3. 犬歯と前歯をゴシゴシ】
奥歯と同じく空いている手の人差し指で上唇を持ち上げ、歯と歯茎の境目を意識しながら1本ずつ磨いていきます。犬歯は長いので、上下左右に小刻みに磨きましょう。

歯磨きシートでピッカリ!

歯ブラシでの歯磨きがどうしても難しい場合は、歯磨きシートを使ってみるのも一つの手です。ペット用の歯磨きシートを人差し指に巻き、歯ブラシと同じ手順で磨いていきます。歯磨きシートで慣れてきたら、もう一度歯ブラシを使った歯磨きに挑戦してみましょう!

以上、愛猫の歯と健康を守る歯磨き方法をご紹介しました。愛猫が歯磨きに慣れるまでは大変な場合もありますが、美味しいご飯を長く食べてもらうためにも、丁寧に歯のお手入れをしてあげましょう♪

出典/「ねこのきもち」17年1月号『今年こそ愛猫に歯磨きしたい!』
文/aiko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る