1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. まるでパン職人!猫の「ふみふみ」に込められた気持ちとは?

まるでパン職人!猫の「ふみふみ」に込められた気持ちとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の「ふみふみ」ってなに?どんなしぐさなの?

言葉そのものから想像してみてください!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

人間はその時の感情や状態を擬音で表すことが多々あります。感情なら「イライラ」「ドキドキ」、状態なら「だらだら」「むしゃむしゃ」。この言葉を聞くだけで、どんな状況なのか一発で分かる便利な言葉です。そのことを「オノマトペ」といいますが、みなさんは「ふみふみ」という言葉だけで、猫が取る行動を想像できますか?

正解は?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫好きさんには簡単な質問でしたね(汗)

猫の「ふみふみ」とは、毛布やソファーなどの上で、何かを踏むように、前足をリズミカルに動かす仕草のことを指します。皆さんの愛猫も、クッションの上や飼い主さんのふとももの上で、「ふみふみ」してくることはありませんか?

「ふみふみ」の意味を知ろう!

子猫時代の仕草がルーツ

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

子猫は母猫のおっぱいを飲むときに、「いっぱいお乳が出るように!」と、前足で母猫の乳周りを揉むように押しながら飲みます。人間の赤ちゃんも、お母さんのおっぱいを飲んでいるときは、安心した表情で飲んでいますよね。それは子猫も同じです。子猫が母猫のおっぱいを飲んでいるときは、「お母さんがそばにいるから安心」「満腹で幸せ」というハッピータイムなのです。

幸せな時を思い出して…

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫が成長しても「ふみふみ」をしているときは、「子猫の気分に戻っているとき」だと考えられます。「ふみふみ」をしながら、子猫時代の幸せな感情をもう一度味わっているのでしょう。きっと飼い主さんを、母猫のように慕っているんだと思います。

猫の愛情を受け止めよう!

母親の気持ちで接してあげる

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「ふみふみ」のしぐさが見られたら、飼い主さんに愛情を示して、「甘えたい」と思っていることが多いでしょう。母猫は子猫におっぱいをあげているとき、優しく鳴いて「おっぱいはここよ」と促したり、ペロペロと体を舐めてあげたりしています。私たちは母猫のようにおっぱいをあげることはできないので、「ふみふみ」していたら、「いい子ね」など声をかけながら、母親のように優しくなでてあげましょう。

猫との信頼関係の証!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「ふみふみ」しているときは、猫は飼い主さんのことを母親のように感じているはず。お互いの信頼関係が強固なことを証明していますね。飼い主さんにとっても、誇らしい気分にさせてくれます。これからも愛猫にとって「甘えられる存在」でいたいものですね。

出典/「ねこのきもち」『本音・しぐさ辞典』
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る