1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 肥満は万病のもと! 肉付きチェックで猫ちゃんの健康管理

肥満は万病のもと! 肉付きチェックで猫ちゃんの健康管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫ちゃんの肥満度判定「ボディ・コンディション・スコア」

↑小さいので計量カップで体重測定の長野県のもちこちゃん

猫も人間と同じように健康で理想的な体型というものがあり、太り過ぎてもやせ過ぎても、体には良くありません。

人間は、健康診断で腹囲や体脂肪率、体重などをはかって肥満度をチェックしますが、実は猫にもそういった判定基準があります。

種類や個体によって体格差が大きい猫は、体重だけで肥満度を判断するのは難しい動物。そこで、判定基準となるのが「ボディ・コンディション・スコア(BCS)」です。これは、猫の栄養状態を判定するもので、健康で理想的な体型かどうかを見極めるひとつの指針となります。

BCSでは、猫の体のどういった点をチェックするのでしょうか。

あなたの愛猫は大丈夫? 猫ちゃんの肥満度チェック

↑体重を測定しようとカゴを用意したらすっぽりリラックスの大阪府ミイちゃん

猫の肥満度をチェックする基準のひとつ、BCS。その判定の目安は、ズバリ“肉付き”だそうです。BCS1〜5と5段階に分けて猫の肉付きを判断します。

BCS1:やせている状態。脂肪がほとんどなく、皮膚の上から肋骨や骨の突起が容易に触れる。腰のくびれが目立ち、脇腹のヒダがない体型。

BCS2:体重不足の状態。多少脂肪はあるが、皮膚の上から肋骨や骨の突起が触れる。上から見ると、腰のくびれがわかる体型。

BCS3:理想的な体型。皮下脂肪があり、外見から肋骨は見えないが、皮膚の上から触ることはできる。上から見たらわずかに腰のくびれがわかり、脇腹のヒダも存在する。

BCS4:体重過剰の状態。皮膚の上からでは、なかなか肋骨が触れない。腰のくびれはほとんどなく、腹部は丸みをおび、脂肪のついた脇腹のヒダがやや垂れ下がっている体型。

BCS5:肥満の状態。厚い皮下脂肪におおわれ、肋骨はほとんど触れない。脂肪のついたおなかや脇腹のヒダは垂れ下がり、歩くたびに揺れるように。顔周りや足にも脂肪がついている体型。

あなたの愛猫は、上のどの体型ですか? ちなみに、うちの体重7kgを誇る猫ちゃんは、BCS5寄りの4。かかりつけの獣医さんに毎回、「大きくなったね〜」とプッと笑われます。

定期的な体重測定で猫ちゃんの健康キープ

あなたは、愛猫の今の体重をすぐ答えられますか?

猫の肥満度は、体重だけで判断するのは難しいですが、その増減で未然に病気を予防することができます。そのため、定期的な体重計測がおすすめです。

満1歳前後までの成長期なら2〜4週間に1度、その後は3カ月に1度程度は、猫ちゃんの体重をはかりましょう。

成長期が終わっても体重が増え続ける、もしくは急激に体重が減るなどの変化があれば要注意。肥満の兆候に早めに気付いて体重コントロールをすれば、人間でいうところの生活習慣病を予防できますし、病気による激やせサインにも気付けますね。

猫ちゃんは、抱っこしたりキャリーケースに入れて、体重測定。その後、抱っこした人の体重やキャリーケースの重さを引けば、猫ちゃんの体重がわかりますね。特に、避妊・去勢手術後は代謝が落ちるので、猫ちゃんの体重増加に気を付けましょう。

出典/「ねこのきもち」2017年5月号付録『愛猫の栄養学事典』
イラスト/イデシタ事務所
文/ヤマモト トモミ

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る