1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 愛猫をひざに乗せたいあなたへ。「のり猫」にする秘策お教えします

愛猫をひざに乗せたいあなたへ。「のり猫」にする秘策お教えします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分から「のり猫」になる子の気持ちとは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫ちゃんたちは体を拘束されるのが苦手なため、抱かれるのを嫌がる子が多い傾向にありますが、その一方で自分から好んで乗ってくる「のり猫」もいます。飼い主さんの体に乗ると温かさを感じられたり、視点が高くなって見晴らしがよくなったりするのがたまらないのでしょう。

今回は、「愛猫に体に乗ってもらって、べったりまったりしたい」と、のり猫に憧れる飼い主さんのみなさんに、その夢をかなえられる秘策をお届け!難易度の低い「ひざ」に乗せる方法をお伝えしましょう。

秘策その1. 猫ちゃんの大好きな液状おやつを使おう

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

<ステップ1>
猫ちゃんたちが大好きな、なめるタイプの液状おやつや、小皿に入れたウェットフードを用意します。

<ステップ2>
ソファに腰かけ座面近くでおやつを見せ、ソファを指でトントンとたたいて合図します。

<ステップ3>
猫ちゃんがソファに乗ってきたら、おやつの匂いを嗅がせましょう。

<ステップ4>
おやつをひとなめするごとに少しずつ移動させて、ひざの上に誘導します。

<ステップ5>
後ろ足まで見事にひざに乗れました!そうなったらおやつを全部あげましょう。

秘策その2. 固形のおやつやドライフードが好きな猫ちゃん向け

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

<ステップ1>
猫ちゃんがお気に入りの、ドライフードや固形のおやつを用意します。大きいおやつの場合は食べやすいサイズに割っておきましょう。

<ステップ2>
あぐらをかく姿勢で床に座り、ひざの上が平らになるようにひざ掛けをかけておきます。猫ちゃんが普段使っている布があればそれを使ってもよいでしょう。

<ステップ3>
おやつやフードを見せ、ひざ掛けの上に1~2粒置きます。

<ステップ4>
1粒食べたらまた1粒置くをくりかえしながら、少しずつ飼い主さんのお腹の方へと誘いましょう。

<ステップ5>
猫ちゃんがあぐらのくぼみにスッポリ入ったら大成功!

「のり猫への道」を成功させる極意とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

飼い主さんの「乗ってほしい!」という思いが強すぎると、猫ちゃんはそれを察知して、寄りつかなくなることもあります。あくまでリラックスした状態で行いましょう。また、むりやり乗せようとするのもよくありません。猫ちゃんが自分から乗ってくるのをじっと待つのが極意です。

もし、のり猫になってくれても、体に乗っているときに嫌な思いをすると、そのあとは乗らなくなってしまうことも。愛猫が乗っているときは不安にさせないよう、むやみに動かないのがコツです。そして優しくなでてあげるなどして「乗ったらいいことがある」と印象づけるようにしてくださいね。

何度も繰り返すことで乗ることが習慣になっていきます。愛猫と一緒に楽しみながら練習を続けていきましょう。

出典/「ねこのきもち」2017年12月号『愛猫を”のり猫”にしたい!』(監修:Tokyo Cat Specialists 山本宗伸先生)
文/maya
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る