1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. じゃれあいなの?ケンカなの? 猫たちが繰り広げる「ニャンプロ」、どう対処すべき?

猫と暮らす

UP DATE

じゃれあいなの?ケンカなの? 猫たちが繰り広げる「ニャンプロ」、どう対処すべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
猫たちのじゃれあいは、俗に「ニャンプロ」と呼ばれます。じゃれあう様子はほほえましいものですが、ヒートアップしすぎると心配になってしまうこともありますよね。
今回は、ねこのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生にお話を伺いました。

ニャンプロをする理由は?

白猫のじゃれあい
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
――そもそも、猫同士が「ニャンプロ」をする理由は何ですか?

岡本先生:
ネットでよく使われる言葉としての「ニャンプロ」に関していうと、遊びやコミュニケーションの一環でしょう。また、狩りの欲求を満たすためという理由もあります」

「ニャンプロ」はケンカじゃないの?

キジトラのニャンプロ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
――では、「ニャンプロ」とケンカの見分け方を教えてください。じゃれあいからケンカに発展することもあるのでしょうか?

岡本先生:
「どちらかが一方的に追いかけたり、ケガをしたり、さかんに威嚇したりといった場合は、「ニャンプロ」の範囲を超えている可能性が高いといえるでしょう」

「ニャンプロ」は飼い主が止めるべき?

ニャンプロ直前のサイべリアン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
――猫たちがニャンプロを始めたら、飼い主はどう対応すべきでしょうか?

岡本先生:
「念のため、ヒートアップしないかどうか見守ったほうがいいと思います。ケンカのような兆候が見られたら、大きい音を出すなどして猫たちの気をそらし、攻撃しているほうを一旦タオルなどにくるんでケージに入れてあげてください」

――ありがとうございました。
「ニャンプロ」は、猫にとってはコミュニケーション手段のひとつ。飼い主としてもあたたかく見守りたいところですが、場合によってはじゃれあいからケンカに発展することも。どちらか一方が激しく攻撃しているなど、ケガをするおそれがあるようなときは、飼い主が仲裁に入ったほうがよさそうです。
(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・岡本りさ先生)
取材・文/柏田ゆき
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る