1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. あなたの猫は水分をしっかり摂れていますか?水分補給のコツを伝授!

あなたの猫は水分をしっかり摂れていますか?水分補給のコツを伝授!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日あたり理想の飲水量

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

もともと飲水量の少ない猫が水分不足になると、さまざまな病気にかかりやすくなってしまいます。代表的なものが膀胱炎や尿結石、慢性腎不全などです。1日に必要な飲水量は諸説ありますが、おしっこの病気の予防には下記の量が目安になります。

・3kg→約200g
・4kg→約240g
・5kg→約280g

朝と晩に水の量をはかれば1日の飲水量がわかりますし、メモリのついた容器なら計測もしやすいでしょう。また、あまりにも水をたくさん飲む場合には、「多飲多尿症」という病気が隠れていることがあります。急にいつもの1.5倍の量の水を飲み出したら注意するようにしてくださいね。

どんな水を与えたらいいの?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

水にもいろいろな種類があり、どんな水を与えたらいいのか迷ってしまう飼い主さんもいるかと思いますが、実は水道水で大丈夫です。猫はカルシウムなどのミネラル類を多く摂ると、尿路結石などの病気のリスクが高まりますが、日本の水道水はカルシウムとマグネシウムの含有量が少ない「軟水」なので、猫の体質に合っています。

出先や災害時などミネラルウォーターを与える場合にも、ミネラル含有量の低い「軟水」を選んでください。そのほかにも、冷たい水やぬるい水、浄水器の水など、猫の様子を伺いながら試してみると良いでしょう。

猫はこだわり屋?愛猫に水を飲んでもらう為の工夫

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫は単独行動を好みます。そして自分の身は自分で守らなければいけないため、水に対して警戒心が強いことがあります。個体によっては安全な水か確かめるため、念入りに匂いを嗅いだり触ってみたりすることも。それがこだわりが強いと言われる理由です。

たとえば容器が好みでないと水を飲まなくなることもあるので、素材や大きさや色などを変えながら、興味をもってくれる器を見つけてあげましょう。比較的好きな猫が多いと言われているのが陶器の入れ物です。流れる水が好きな猫には、自動給水機も良いですね。猫がよく通る場所や、芳香剤などの匂いのしない飲みやすい場所に用意すること、複数飼いなら匹数分の水飲みを離して置いてあげることも大切です。

子猫とシニア猫の特徴

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

子猫の場合、離乳食を食べている期間はは水分を摂取できるので、あまり水を飲みたがりません。徐々に食事が硬くなってきたら、水分を別に摂らせるために食事の横にお水を用意してあげましょう。食事の時に一緒に出せば、自然と飲めるようになることが多いです。もしどうしても飲めないようなら、ミルクを少し混ぜて徐々に慣らしてあげて。

シニア猫の場合、生活習慣を変えるのはなかなか難しいでしょう。猫にとっても飼い主さんにとっても負担が少ないのは、ウェットフードに変える方法です。ドライフードの水分量が5〜10%なのに対し、ウェットフードの水分量は70〜80%なので、ウェットフードに変えるだけでもかなり水分を補えます。ドライフードにお湯を注いでふやかしてあげるのも良いでしょう。

加齢に伴って運動量が減少し、比例して飲水量も減ってしまった場合は、水入れをあちこちに置いてあげましょう。また、10cmほどの台の上に容器を置いてあげると、無理に体を下げなくていいので飲みやすくなりますよ。

猫の健康管理のためにも、毎日飲んでいる水の量を把握することは大切なポイントです。愛猫がしっかり水を飲んでくれるよう普段から飲み水に気を配りましょう。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「あなたの猫は水を飲む?飲まない猫の対策や水分不足の危険性を解説!」

参考/ねこのきもち WEB MAGAZINE「あなたの猫は水を飲む?飲まない猫の対策や水分不足の危険性を解説!」(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
文/Richa
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ。ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る