1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫にもある!糖尿病とは?―その原因と症状、治療法についてご紹介

猫にもある!糖尿病とは?―その原因と症状、治療法についてご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の「糖尿病」とは

スコティッシュフォールド・ロングヘア オス
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

糖尿病は人間の生活習慣病というイメージがありますが、猫もかかることのある病気で、2つのタイプがあります。まず一つめの「Ⅰ型」と呼ばれるタイプは「インスリン依存型」とも呼ばれており、必要量のインスリンが出ないことで発症します。もう一方の「Ⅱ型」は「インスリン非依存型」で、インスリンに対しての反応が悪くなることで引き起こされます。

そもそもインスリンとはホルモンの一種で、食事によって摂取した血液中のブドウ糖を、各臓器に届ける役割をしています。このインスリンの分泌が減ってしまうと、血液中に高い濃度でブドウ糖が残ってしまい、高血糖の状態が続くことになります。この血液中の糖は尿の中に排出され、糖尿病と呼ばれる病気に変遷します。

人間の場合はⅡ型が多く、犬や猫のほとんどはⅠ型です。猫の場合、少しの割合でⅡ型を患うこともありますが、はじめはⅡ型だとしても、膵臓のβ細胞が破壊されてⅠ型に移行することがあります。

糖尿病の初期症状を見逃さない

MIX 茶トラ オス むぎ
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

糖尿病の初期症状は「多飲・多尿」です。いつもより飲み水の減り方が早い、おしっこの量が増えたと感じたら、すぐに動物病院を受診しましょう。「夏で暑いからよく飲むのかな」「空気が乾燥しているからノドが乾くのだろう」などと素人判断をしてしまうと、病気が進行してしまい、検査したときには重症化しているおそれもあります。

多飲・多尿は、猫がかかりやすい腎臓病でもよく見られる、たいへん要注意な症状です。どちらの場合も早急に治療を開始したほうがよいため、飲み水とおしっこの量にはいつも注意していましょう。

糖尿病が進行したら…

糖尿病が進行すると痩せていき、さらに進むと食欲もなくなっていきます。高血糖の状態が続くと「ケトアシドーシス」という状態に陥ることがあり、元気・食欲がなくなる、嘔吐などの症状のほか、ぐったりして意識がぼんやりする、意識が消失する、血圧が低下してショック状態になるなど、生命を脅かす危険性も潜んでいます。

インスリン注射と食事療法

MIX 茶トラ オス そら豆
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫の糖尿病の治療は、一日2回の注射で、インスリンホルモンを補う方法が一般的です。しかしインスリン量が正常な猫に投与すると、逆に低血糖を引き起こしてしまいます。猫は一時的なストレスや興奮状態によって高血糖になることも多いため、糖尿病の確定診断は数回にわたる検査をするなど、獣医師も慎重を期すことが多いようです。

また、糖尿病の治療では食事管理も重要です。食後の血糖値の上昇を示す指数を「GI値」といいますが、糖尿病の療法食はこのGI値の低い、低炭水化物、低脂肪、高たんぱくな食材が使われています。そしてこれらの療法食を、獣医師の指示のもとに与えていくというわけです。

糖尿病は発症すると長期間の治療を要しますが、適切な治療を行えば比較的安定した生活を送ることができる病気でもあります。愛猫と飼い主さん、そして獣医さんが一体となって、病気と向き合っていきましょう。

出典/ねこのきもち WEB MAGAZINE「【獣医師が解説】猫の糖尿病のインスリン治療|正しい食事療法とは?」

監修/ねこのきもち相談室 獣医師
参考/ねこのきもち WEB MAGAZINE『病気・症状データベース』
   ねこのきもち WEB MAGAZINE『獣医師が答えるQ&A』
文/chiroko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る