1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【獣医師が解説】猫の糖尿病のインスリン治療|正しい食事療法とは?

【獣医師が解説】猫の糖尿病のインスリン治療|正しい食事療法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫が糖尿病になってしまった…。そんな飼い主さんに知って欲しい、インスリン治療や食事療法の基本について解説します。糖尿病治療に最適なキャットフード(療法食)の選び方についてもご紹介。糖尿病と上手に付き合っていく方法を見つけましょう。

猫がなる「糖尿病」ってどんな病気?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

糖尿病とは、健康な状態では常に適切な一定の値に保たれている血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が何らかの原因でうまく調節されなくなり、上がったままになってしまうことで、素の結果、血管や神経、さらに全身の状態に悪影響を及ぼす病気です。

糖尿病のメカニズム

血糖値は、すい臓から分泌される「インスリン」という、血液中のブドウ糖を細胞や臓器にとりこむよう促す作用があるホルモンによって適切な値になるよう保たれています。しかし、さまざまな原因によってインスリンが充分に出なくなる、もしくはインスリンに対する体の反応が悪くなると血液中の糖を体に取り込めなくなり、血糖値が高い状態が続くようになります。この状態が続くと尿で血液中の糖を排出しようと体が反応するようになり、尿中に糖が出る「糖尿病」になってしまいます。

糖尿病の種類分け・原因

糖尿病は大きく2つに分類することが出来ます(諸説あります)。

・「Ⅰ型(インスリン依存型)」タイプ
インスリンが充分に出なくなることで起こる糖尿病。

・「Ⅱ型タイプ(インスリン非依存型)」タイプ
インスリンに対する反応が悪くなることで起こる糖尿病。

猫の場合、肥満や感染症、炎症、ストレス、運動不足などが原因で糖尿病を引き起こすⅡ型タイプに近いものが多いと考えられています。

猫の糖尿病の症状とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

糖尿病の主な症状

猫の糖尿病の初期の症状としては「多飲・多尿」の症状が多くみられます。そして高血糖の状態が一定期間継続し、重症化すると食欲が落ちてしまって体重減少などの症状が現れることも多いようです。

こんな症状にも注意!

血糖値が高い状態が続くと、「ケトアシドーシス」という状態になることがあります。ケトアシドーシスになると、食欲減退や元気消失、嘔吐などの症状がみられます。症状がさらに進行すると、ぐったりして起き上がれない、意識の喪失、さらには血圧が低下してショック状態になるなど、命に関わる危険な状態に陥ってしまうこともあります。

このように、糖尿病は生命に関わる病気です。糖尿病が疑われる場合はすぐに動物病院を受診し、一刻も早い治療が求められます。それでは、猫の糖尿病ではどのような治療をするのでしょうか?

猫の糖尿病の治療法とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫の糖尿病は、Ⅰ型、Ⅱ型タイプともにインスリン投与と食事管理となり、基礎疾患の有無やコントロールが最重要になります。

こんなケースもあります!

猫の場合は、ストレスや感染症によって一時的に高血糖の状態になることがあります。そのため、過剰な高血糖状態などの緊急性がなくて体調も安定している場合には、ストレスや感染症などの治療から始めるケースも考えられます。

糖尿病の食事療法とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

糖尿病の治療はインスリン補充療法も重要ですが、同時に行う食事療法も非常に重要になります。具体的にどのような食事療法を行うのかを確認しておきましょう。

糖尿病の食事療法とは?

食事療法で重要なポイントは、フードによる血糖値の上昇をなるべく抑えることです。猫も人と同じく食後に血糖値が上がりますが、これは主にフードに含まれる炭水化物によるものです。そのため糖尿病の食事管理では、糖尿病の猫専用に成分が調整された「療法食」を食べさせて食事管理するのが一般的です。

糖尿病の療法食と普通のフードの違いとは?

糖尿病の療法食は、消化のスピードが異なる炭水化物を組み合わせるなど、食後の急激な血糖値の上昇を防ぐための工夫がなされています。肥満や高脂血症などにも考慮しており、低脂肪・高たんぱくのものが多くあります。

療法食を食べない猫におすすめのフードの選び方

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

食事療法は、獣医師の指導の下に療法食を選ぶのがベターです。しかし、糖尿病の療法食は低炭水化物・低脂肪・高たんぱくといったものが多く、通常の食事よりも風味が劣るため食べてくれない猫もいるようです。このような場合はどうしたらいいのでしょうか?

糖尿病治療中のフードの選び方

猫が療法食を食べない場合、まずは獣医師と相談しながら療法食を替えてみましょう。ドライタイプは食べなくてもウェットタイプなら食べる場合もあるので、同じメーカーからウェットタイプが出ていないか確認してみるのも一つの手です。

糖尿病の療法食の場合、食後の血糖値の上昇のしやすさを示す指数「GI値」の低い食材が使用されていることがほとんどです。GI値は低く、かつ今とは異なる食材の使われた療法食に変更するのも一つの手です。

生活環境に配慮しながら前向きに治療に取り組んで!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫が糖尿病になってしまうと、多くの場合は継続したインスリンの投与が必要になります。これは猫のみならず、飼い主さんにとっても精神的・経済的負担をかけることになることでしょう。しかし糖尿病は、他の病気を発症せず適切な治療を続けることで、QOLを高く、緩やかに過ごすことができる病気です。そう考えれば、少しは前向きに糖尿病治療と向き合っていけるかもしれません。

日々のインスリン投与や食事管理を徹底することはもちろん、なるべくストレスを与えないように心がけながら、愛猫と一緒に乗り越えて行ってくださいね。

獣医師が答えるQ&A

病気・症状データベース

出典元/『ねこのきもち』WEB MAGAZINE「猫の病気・症状データベース」
    『ねこのきもち』WEB MAGAZINE「獣医師が答えるQ&A」
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る