1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫の糖尿病~初期症状、かかる原因と治療法、予防法について

猫の糖尿病~初期症状、かかる原因と治療法、予防法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫がかかりやすい病気の中には完治が難しく、長期間治療を続けなくてはならなくなるものがあり、糖尿病もそのひとつです。人と同様、やっかいな糖尿病の症状、治療法、予防などについて解説します。

糖尿病はインスリンが充分に分泌されず、体に糖を取り込めなくなる病気

通常、血中の糖は体の各細胞に取り込まれ、エネルギー源になります。この過程で重要な役割をするのが、すい臓から分泌されるインスリンというホルモン。しかし、糖尿病の猫はこのインスリンが充分に分泌されなくなり、体に糖が取り込めなくなります。そのため血糖値が高くなり、オシッコの中に糖を排出するようになります。

かかりやすい猫はシニアとメタボ!

糖尿病になりやすいのは高齢の猫。それから肥満が関係していることも多く、太った猫や運動不足の猫も注意が必要です。

初期症状は“多飲多尿”が見られやすい

糖尿病の初期には、多くの糖を排出しようとして、たくさん水を飲み、たくさんオシッコをするようになります。猫が頻繁に水を飲んでいたり、すぐに水入れ容器が空になるなど、急に飲水量がふだんの1.5倍以上に増えた場合は、糖尿病などの病気を疑って。また、ふだんの2倍以上にオシッコの量が増えたときも同様です。このときのオシッコは、色が薄くニオイも弱いでしょう。多飲多尿の症状のほか、猫によっては食欲が増すケースもあります。

進行すると食欲不振になり、やせ出す

病気が進行して、重症化すると、元気や食欲がなくなっていき、やせてきます。さらに、嘔吐や下痢を繰り返して、ぐったりする猫も。さらに、血中にケトン体という有害物質が混ざった状態(ケトアシドーシス)になると、猫は昏睡状態に陥り、命にかかわることもあります。

おもな治療法は、インスリン注射で血糖値をコントロール

病気の程度や猫の状態によって異なりますが、治療は療法食と、インスリン注射による治療が一般的です。これは、毎日決まった時間に決まった量の療法食を与え、決まった時間にインスリン注射を打つことで、血糖値を安定させる方法。インスリン注射は、獣医師の指導を受けて飼い主さんが行います。

早く治療を始めれば、寿命を全うできる猫も

今のところ糖尿病を完治させる治療法はありませんが、早く治療を始めれば、うまく病気と付き合って、寿命を全うできる猫もいます。しかし、症状が進んでしまうと血糖値のコントロールが難しくなり、安定させられないうちに、肝不全や腎不全などの合併症を引き起こすことがあります。

まずは適正体重の維持が予防につながる

「肥満は万病のもと」といわれ、猫に関しても、肥満と糖尿病の発症には関連があることが証明されています。つまり、適正体重を維持することが予防につながるのです。ついフードやおやつなどを与え過ぎないよう、1日の摂取カロリーを飼い主さんがしっかり管理しましょう。もしも愛猫が“ぽっちゃり”傾向にある場合は、今以上太らせないよう、かかりつけの獣医師と相談しながら、食事の内容や量を見直すといいでしょう。猫の体重を数字で把握するため、定期的に体重測定を行うことも大切です。また、ストレスも関係していることから、ストレスの少ない環境づくりも心がけて。

出典:『ねこのきもち』2017年4月号「一度かかると長いお付き合いになる病気」、ねこのきもち特別編集『長生きねこのきもち』

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る