1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫からすると「やりすぎ」かも!?適切な遊び方・居場所作りって?

猫からすると「やりすぎ」かも!?適切な遊び方・居場所作りって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の本音「疲れたニャン」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

毎日、一生懸命に猫と遊んで、お世話をして、完璧な猫ライフを送ってもらっているはず!と、自信を持って言えれば良いのですが、猫の本音は見抜きにくい一面がありますよね。「今のお世話の仕方で本当に良いのかな」と悩む飼い主さんのためにも、理想の遊びや居場所作りについてご紹介していきます。

まずは遊びの程度について。毎日おもちゃをつかって上下運動をさせたり、もぐらたたきのような知的好奇心を刺激してあげたりするのは良いことです。しかし猫の反応が明らかに鈍くなっている、体を動かさない、機嫌が悪くなったなどの変化が現れたら、それは「やりすぎ」お世話です。

5分間くらいの遊びを、1日2回を目安に取り入れていれば十分。あとは猫の遊んでのサインに応じてあげられれば、猫は満足なのです。張り切って遊ばせすぎると、疲れすぎてしまうみたいです。

猫の本音「はあはあ、興奮しすぎだニャ」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

遊びだけでなく、お出かけの前後などに猫がはあはあと荒い息をしているきは、興奮しているサインです。興奮するほど遊びに夢中になるのは、決して悪いことではありません。ただし夢中になりすぎるあまり、噛み付いたり引っかいたりして、猫自身や飼い主さんなど、周囲を傷つけてしまう可能性があります。

思わぬ怪我を防ぐためにも、興奮させすぎないよう、クールダウンする場所や時間、方法を見つけておくとよいでしょう。だからといって興奮させずに過ごすために、遊びを排除するのは逆効果。愛猫にあった「適度」を見つけていきましょう。

猫の本音「高いところは好きだけど、放置しないで」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫が過ごしやすい居場所といえば、静かで狭くて高い場所です。スペースにゆとりがあるなら、キャットタワーなどを設置してあげると喜ぶでしょう。しかし、家の中の高い場所を猫の居場所として提供するなら、次の点に注意してあげてください。

それは、その場所が、飼い主さんの手と目が届く範囲か否かです。背の高いタンスの上や手作りのキャットタワーなど、猫好みの居場所を作るのは良いのですが、目が届かないと災害時に探せなくなります。

複雑な作りの自由空間や、飼い主さんが台に乗っても届かない場所を好んでいるならば、少しずつ居場所を移動してもらう工夫をしましょう。万が一避難をしなければならないとき、一緒に逃げ遅れてしまうリスクがあるからです。安全面も考慮した、猫の居場所作りを心がけたいですね。

愛猫のためのお世話だったのに実はやりすぎと思われていたなんて、飼い主さんとしては少しショックかもしれません。しかし今からでもお世話にシフトチェンジすることができれば、愛猫とも、さらに良い関係を築けるはずですよ。

参考/「ねこのきもち」2015年7月号『本当に猫がしてほしいお世話5選』(監修:帝京科学大学助教 動物看護師 小野寺温先生)
文/riko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る