1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. おうち猫エステ♪ビフォーアフター!『長毛種ブラッシング』編~毛がボサボサになってしまった寅吉くん

おうち猫エステ♪ビフォーアフター!『長毛種ブラッシング』編~毛がボサボサになってしまった寅吉くん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

換毛期の猫は、抜け毛の処理が大変。特に長毛種の猫は、ケアを怠ると抜け毛が毛玉になったり、部屋中に抜け毛が舞ってしまったりと、部屋中が不衛生な環境になりかねません。日頃からブラッシングに慣らしておくことで、愛猫の健康チェックも一緒にできるようにしておきましょう。

毛がボサボサになってしまった寅吉くん

被毛が活発に生え換わる換毛期になると、猫のブラッシングは欠かせません。特に長毛種の猫の毛は、お手入れができないとあっという間にボサボサに。毛が絡まったり、もつれたまま毛玉になったりしてしまうと、ますますブラッシングに手間がかかってしまいます。

そんな話をしている最中に現れたのは、ペルシャ(チンチラ)の寅吉くん。ブラッシングが行き届いていないようで、せっかくの魅力が半減してしまっています。そんな寅吉くんには、「ブラッシングのスペシャルプラン」をご提案しましょう!

ブラッシング前にしたい!毛玉のとかしかた

絡まった毛玉をほどきやすくするために用意したいのが、市販のブラッシングスプレーです。毛玉とその周囲に吹きかけながら、ブラッシングをして毛玉をとかしていきます。毛の1本1本に行き届くよう、手を動かしながらスプレーしましょう。

スプレーし終わったら、目の細かいスリッカーで毛先から少しずつとかしていきます。だいたいの絡まりがほどけたら、根元からコームをかけて仕上げてください。毛が引っかかる感触があれば、その都度スリッカーでとかしていきましょう。

ブラッシングのスペシャルプラン

Step1:静電気防止に全身スプレー

ブラッシングで静電気が起きてしまうと、毛が絡まる原因になってしまいます。まずは下準備として、全身にブラッシングスプレーをかけて軽く湿らせておきましょう。

Step2:背中~お尻・お腹~わきの下に向かって

猫が警戒しにくい背中からブラッシング開始です。毛をかき分けながら、スリッカーで背中からお尻の毛を優しくとかしていきます。次にお腹を上にしてスプレーをかけ、お腹からわきの下をブラッシング。お腹部分は毛も皮膚も柔らかいので、優しくスリッカーを当てていきます。猫の様子を見ながら行い、嫌がるようなら中止しましょう。

仕上げはコームで血行促進!

ほとんどの抜け毛はブラッシングで取れますが、残っている抜け毛はコームで仕上げながら集めましょう。コームの刃先で皮膚を刺激することによって、血行促進効果も期待できます。

お疲れさまでした!スッキリ美猫の登場です♪

ブラッシングが終了し、見違えるように美しなった寅吉くん。抜け毛が取れて、体が随分と軽くなったようです。コームで整えられた毛がぬいぐるみのようにふわふわして、毛づやも良くなりました♪

長毛種の猫へのブラッシングは、抜け毛や毛玉対策に効果的です。特に換毛期のブラッシングは定期的に行いましょうね。

出典/「ねこのきもち」2016年5月号『おうち猫エステしてみませんか?』(監修:ちば愛犬動物フラワー学園 講師 花島秀俊先生)
文/HONTAKA
※ここでご紹介した内容は、『ねこのきもち』特集をWEB向けに書き換えたものです。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る