1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫がかかりやすい病気を見逃すな!早期発見に役立つチェック項目とは

猫がかかりやすい病気を見逃すな!早期発見に役立つチェック項目とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段から愛猫の健康状態には、多くの飼い主さんが気をつかっていることでしょう。愛する我が子には、少しでも長生きしてほしいですよね。そこで今回は、猫がかかりやすい泌尿器の病気と消化器の病気に着目し、毎日の生活でチェックすべき点について解説します。

猫がかかりやすい病気は泌尿器系と消化器系

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

動物病院からアニコム損保に保険金請求のあった、65,305匹を対象とする受診割合のデータによると、最も多かったのが泌尿器の病気、続いて消化器の病気でした。さらに細かく分類すると、泌尿器の病気では「膀胱炎」「尿石症」「腎不全」、消化器の病気では「胃腸炎」が多くみられます。

それでは、猫がかかりやすい病気から大切な愛猫を守るために、飼い主さんはどんなことに気をつければ良いのでしょうか。チェックするポイントをわかりやすく解説していきます。

泌尿器系の病気|チェック項目

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

【チェック項目】
・オシッコは出ているか
・頻尿ではないか
・血尿が出ていないか
・オシッコの量が増えていないか

膀胱が炎症する「膀胱炎」や、尿に石が詰まる「尿石症」にかかると、オシッコが頻繁に出たり、オシッコに血が混じっていたりします。また、腎臓の機能が低下する慢性腎不全にかかると、オシッコの量も多くなります。

消化器系の病気|チェック項目

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

【チェック項目】
・下痢をしていないか
・毎日、何度も吐いていないか
・食欲があるか
・元気があるか

猫が胃腸炎を起こす原因は、感染やアレルギー、中毒やストレスなどさまざま。胃腸炎を起こすと、嘔吐や下痢の症状が2~3日続き、食欲が落ちたり元気が無くなったりします。

猫カゼ|チェック項目

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

【チェック項目】
・涙が出ていないか
・目やにが出ていないか
・くしゃみ、鼻水が出ていないか
・体が熱くないか

「猫カゼ」の一部は、症状が治ってからもウイルスが潜伏し、再び症状を引き起こすことがあります。免疫力が落ちたときや環境の変化、寒暖差などが激しい時期は特に注意が必要です。

愛猫の「いつも通り」が分かるのは飼い主さんだけ!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

表情や食欲以外にも、猫のウンチやオシッコは、病気の症状があらわれやすいので健康のバロメーターになります。日頃から量や色、ニオイ、回数などを観察しておくと変化に気付きやすいでしょう。愛猫の「いつも通り」が判断できるのは飼い主さんだけですよ。

今回ご紹介したチェック項目を意識することで、いち早く病気に気づけるかもしれません。もし愛猫に気になる変化があらわれたら、早めに動物病院を受診してくださいね。

参考/「ねこのきもち」2017年7月号『イマドキ猫の健康事情』(監修:聖母坂どうぶつ病院 獣医師 鵜飼佳実先生)
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る