1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫らしからぬフシギ行動に驚き!変化する「イマドキ猫」の特徴

猫らしからぬフシギ行動に驚き!変化する「イマドキ猫」の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
遊ぶ猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

猫を飼っている人はわかるかもしれませんが、このところ本来の猫のイメージとはかけ離れた「猫らしからぬ猫」が増えているそう!

そんなイマドキ猫たちの行動は、人との暮らしの中でするようになったものが多いといいます。

今回は、「不思議すぎるイマドキ猫の行動4つ」について、哺乳動物学者の今泉忠明先生に解説してもらいました!

あなたの愛猫は、イマドキ猫でしょうか?

①2つのお皿に同量のドライフードがあるのに、いつも同じお皿で食べる

いつも同じお皿のフードを食べるのは、猫の個性です。初めて食べたときに危険なことが起こらなかったので、そのお皿のフードを安全だと思っているのでしょう。

人でいう「勝負の日の朝は左足から靴を履く」といったジンクスのようなものといえるかも。

②大好きなおもちゃをいろんなとこにしまうが、遊びたいときは必ずそのそばで鳴く

猫は欲望に忠実で、人が思っている以上に賢い動物。大好きなおもちゃで一緒に遊んでほしい気持ちが強ければ強いほど、いろんなところにおもちゃをしまっても、その収納場所を記憶しているのかも。

そして、遊んでほしいおもちゃのそばで鳴くことによって、飼い主さんを遊びに誘うのです。

③ウエットフードを食べたあとだけアオーン、アオーンと鳴く

鳴く猫

ウエットフードを食べたあとだけ鳴くのは、この猫のスタイルといえるでしょう。

気持ちは聞いてみないとわかりませんが、好きなフードが食べられて嬉しかったのではないでしょうか。

人でいうなら「おいしかったよ~」という気持ちの表れかもしれませんね。

④排泄したあと、別のトイレの砂をなぜか必死にかいている

自分の排泄物を隠そうとするのではなく、ほかのトイレの砂をかくのはさすがにちょっと変わっていますね(笑) これは、この猫特有の行動といえるでしょう。

もしかすると、排泄後の興奮をほかのことで紛らわせようとする「代替行動」の一環なのかもしれません。

仰向けの猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

不思議に思える行動も、人と一緒に暮らすことで変化してきたものばかり。野生の猫と比較してみると、イマドキ飼い猫のおもしろい特徴がわかってきますよね! 

参考/「ねこのきもち」2018年5月号『「本来の猫」とのギャップがすごい! イマドキ飼い猫の真実』
(監修:哺乳動物学者、「ねこの博物館」館長 今泉忠明先生)
イラスト/二階堂ちはる
文/雨宮カイ
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る